XMのマイロイヤルティステータスがEliteになりました。

以前マイロイヤルティステータスを最短で最高ランクのEliteまで上げる方法を書きました。

XMのマイロイヤルティステータスを最速でEliteに上げる方法

ずっとポジションを持ったまま放置しておりましたが先日ついに、XMのマイロイヤルティステータスがエリートに昇格しました。

今回はマイロイヤルティステータスをElite(エリート)になった経緯、方法をざっくりと解説していきます。

これがエリートのクラスになった証拠です。

エリートクラスになるにはそれなりに時間がかかります。

端的に言えばXMでのトータルの取引日数が100日を超えるとエリートクラスになります

以下がランクアップの道筋です。

  1. Executive・・・初回から
  2. Gold・・・トータル取引日数30日経過後
  3. Diamond・・・トータル取引日数60日経過後
  4. Elite・・・トータル取引日数100日経過後

ちなみにエリートになると何が違うのかってことですよね。

これはXMPが増えると言うことです。

【10万通貨1ロットの取引に対してのXMP付与】

  1. Executive・・・10XMP
  2. Gold・・・13XMP
  3. Diamond・・・16XMP
  4. Elite・・・20XMP

最初のランクに比べると2倍多くXMPがもらえます。

XMPは3で割った米ドル分のボーナスに交換することが出来るので、Executiveだと約3ドル分のボーナス、Eliteだと約7ドル分のボーナスに換算できます。

日本円でも300円と700円って思うとそこそこ大きいですよ。

Executiveの2取引分がEliteだと1取引でXMPが貰える計算です。

ドル円の1ロットのスプレッドでの手数料が大体1700円だとすると700円分のボーナスを引くと1000円、つまり1.0pipsのスプレッドと考えられることも出来ます。

そう思うと今後XMを長期に利用していきたいトレーダーにとってはとっととエリートにまで上げてしまいたいと思うでしょう。

ちなみに僕が実践した最短エリート昇格法ですが、

最小ロットを持ったままずっとポジションを放置する

当たり前ですね。。。

ちなみに最小リスクでポジションを保持するためには、マイクロ口座(1ロット1000通貨)で0.01ロット(MT4のみ)で取引を行うことです。

これなら10通貨なのでドル円で1円値動きがあったとしても10円程度の損得で済みます。

ちなみに僕はボーナスがスタンダード口座に4500円程度、残高は0円のままの口座があったのでそのままスタンダード口座でポジションを持ち続けることを行いました。

ドル円109円前半からロング0.01ロットで証拠金は120円程度、4円程度落ちても持ち堪えられる状況です。

これなら50日くらい大丈夫だろ・・・(当時は50日分の取引日数がすでにありました)

しかしポジションをもっている間に落ちる落ちるわ104円台にまで下がりあと数十pipsで強制ロスカットされる所までいきました。

ボーナスだからまあいいかと思ってポジションを持ったわけですがそれでもこんなに落ちるのかとちょっとドキドキしましたが少し立て直してまだポジションを保持できています。

その結果、先日遂に取引日数がトータル100日を超え、マイロイヤルティステータスのランクが最上位のエリートになりました。

 

分かってはいましたが検証結果として書きます。

ボーナスでも最小ロットでもポジションを保持し続けても取引日数が100日を超えればマイロイヤルティステータスはEliteになる



カテゴリー:XMサイト仕様関連, XMP関連, XM取引関連

タグ:, , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。