XMで入金・出金が出来るのか不安だったので実際にやってみた

XMのことを散々書いたところで実際に入金や出金が出来なければFX取引も出来ないしそんな会社で取引するわけもない。

不安になった僕はXMで出金・入金がちゃんとおこなえるのか検証してみました。

入金・出金に必要な知識や手順、僕が失敗した経験、ちょっとした豆知識も書いたのでこれからXMで入金・出金を考えている方は参考にしてみてください。

銀行からの入金方法(電信送金)

XMでの入金方法は画像のように様々な方法があります。

僕は今まではクレジットカードでの入金のみ行ってきました(画面右下)。

クレジットカードの入金は今回行う銀行送金よりも早く、ほぼ即時反映されますし、手数料もかかりません。

なので正直な話をするとクレジットカードでの入金が一番手っ取り早く楽なのですが。。。

クレジットカードを持っていない、使いたくないという方もいると思いますし、

クレジットカードだと出金の際に入金した分をクレジットカードに戻すことが必須です(利益分は別口座に送金することも可能です)。

この入金分がクレジットカードに戻ってくるまでがとても時間がかかります。

カード会社によって異なるかと思いますが、1か月以上返金対応にかかってしまう場合もあるのです。

入金に関しては圧倒的に便利なのですが出金に関してはイマイチスムーズではないのです。

なので一度も行ったことがない銀行送金を試してみようと思いました。

まずはざっくりと銀行送金の方法を説明します。

会員ページ内に「入金」ボタンがあるのでクリックします。

複数口座がある場合は画像のように複数表示されるので入金したい口座の「入金」ボタンを押しましょう。

※該当口座でログインしているのであれば画面上の「クイック入金」や「資金を入金する」からも同様の画面に遷移できます。

次に入金方法ですが、今回は銀行送金をするので「Local Banks」をクリックします。

次に入金する銀行を2口座のうちから選ぶのですが、AsianCoinとよばれる口座とEprotectionと呼ばれる口座の2種類があります。

この2つの違いですが、送金する銀行と口座名義です。

AsianCoinはりそな銀行の名義「 カ)アジアンマイル」宛

Eprotectionは三井住友銀行の名義「イープロテクションズ プライベートリミテッド」宛になっています。

どれがいいのかは正直分からないので今回は両方利用して送金してみました。

説明は便宜上三井住友銀行のEprotectionで行っていますが、操作はどちらも同じです。

ちなみにりそな銀行のAsianCoinには問い合わせの窓口、AsianCoinカスタマーサポートが存在します。

電話で問い合わせることが可能なのでこちらの方がちょっとだけ便利かもしれません。

(営業時間:平日9:00 – 18:00 (土日・祝日除く))

実際に送金してみた~失敗編~

では送金してみましょう!

まずは三井住友銀行で送金してみます。

最低送金額が1万円以上と書いてあるので11000円で送ってみます。

日本時間で言うと9時くらいに送金手続きをしました。

この時間は銀行が営業している時間なのですぐに送金されるでしょう!

XMに資金到着後1時間程度で口座に反映されると書いてあるので11時くらいには反映されるという予想です。

・・・

・・・

・・・

11時になったな、まだ口座残高変わってないな・・・

・・・

・・・

・・・

12時になったけどまだだな・・・あれ?

・・・

残高が増えていない!!!

 

普段なら今日くらい様子を見ようかと思うのですが、嫌な予感がしたのでXMのライブチャットに問い合わせてみました。

すると案の定、僕の送金ミスだということが分かりました。

入金時の名前をローマ字以外で入力してしまったせいです。

例えばヤマダ タロウという名前の場合、XMでは「Taro Yamada」と登録されているかと思います。

これにXMの該当口座のID、今回は仮に1234555とします。

正しい記入方法は、

TARO YAMADA1234555

ですが僕は、

ヤマダ タロウ1234555

と送っていたのです。

色々間違っていますよね。。。

正しい方法は以下のようになります。

  1. 名義は銀行口座とXMで開設している口座で同じ名前であること
  2. 送金の際に送金者名を英語で入力すること
  3. 送金者名の後に続けて送金したいMT4・MT5の口座番号を記載すること
  4. 2と3が行えない場合はXMに問い合わせる必要があること
  5. 1万円以上の送金で手数料は無料(国内振込手数料は別)

4に関しては僕はXMのライブチャットにて対応してもらえましたが、XMHP上にはsupport@xmtrading.com宛にMT4・MT5口座番号、送金額を記入して、入金を示す画面のスクリーンショットまたは振込明細を添付して入金したことをメールを送る必要があるようです。

ライブチャットのほうが対応が楽だったのでライブチャットが個人的には良いかと思います。

今回はライブチャットで僕の入金の状況確認が出来たとのことで、XM側の営業が始まったら処理を行ってくれるとのことでした。

夕方くらいに確認したところ、ちゃんと入金されていることを確認しました!

時間を見たところ、日本時間で13時過ぎには入金がされていました

かなり早めに対応してもらえたみたいです。

ちなみにその証拠画像がコチラ。

口座履歴の見方

僕は送金は11000円一括で送金したはずなのですが、「EXP05-EWR-BWR」と「CD-EWR-BWR」という種類で2回に分けて送金されています。

足せば金額自体は一致するのですが、これはどういうわけでしょう?

XMに確認したところ、決済期間を通してる関係で2つに分かれているだけで問題はないとのこと。

ちなみに画像のように基本的にに3つの情報で入金されますが厳密に言うと、

  • CD-EWR-BWR」は実際に入金された金額(CDが付くと主にそうです)。
  • EXP05-EWR-BWR」は決済期間の手数料(EXPが付くと主にそうです)。
  • Credit In-XMDB」とはボーナスが付与されていることを意味します(今回は入金ボーナスでの付与になります)。

XMでは1万円以上の入金は手数料が無料になるためその分を別途入金しているため2つに入金が分かれているという感覚でよいかと思います。

またEWR-BWRやASC-BWRなどの名称はXMのシステム上の名称であるとのことで、ここの内容でどこの国からの送金か、支払い形態は何かをある程度分けているそうです。

入金完了のメールについて

入金確認後10時間くらい経ってから「入金が完了しました」のメールが届きました。

メールがあくまで報告のようなもので即時に送信されているものではないようなので気をつけてください。

実際に送金してみた~三井住友銀行成功編~

これで終わっていません。

ちゃんと入金手続きを行ったらどのくらいで入金がMT4・MT5の口座にされるのかまだ分かりません。

なので、ちゃんとした入金方法で後日もう一度入金してみました。

今回は10時05分くらいに入金手続きを終えました。

・・・

・・・

10時25分 MT4・MT5口座に11000円が反映されていることを確認しました!

証拠画像がコチラ。

20分で入金出来ました!

クレジットカードのようにはいかないものの、銀行営業時間内であれば30分もかからずに送金が出来ました。

実際に送金してみた~りそな銀行成功編~

では次にりそな銀行のAsianCoinにて送金を行ってみます。

今回も同じく11000円の入金です。

今回は10時30分くらいに入金手続きを終えました。

・・・

・・・

11時10分 MT4・MT5口座に11000円が反映されていることを確認しました!

証拠画像がコチラ。

約40分で入金を確認出来ました!

今回は三井住友銀行の口座を用いての入金でしたので別銀行への送金は多少時間がかかるのかもしれません。

また他銀行への送金だとXM側への送金は1万円以上で無料だとしても、国内振込手数料が発生してしまいました(200円程度)。

もし三井住友銀行またはりそな銀行の口座を持っているのであれば、同一の銀行を選んだ方が手数料が発生せずに送金できるかと思います。

調査結果~銀行送金入金編~

結論どちらの銀行から入金しても30分程度で送金が出来たことを確認出来ました。

そして入金方法を誤ってしまってもXMのライブチャットで問い合わせて、問題が無ければその日の夕方程度には口座に反映してもらえることが分かりました(XM営業時間外だとこれの限りではありません)。

クレジットカードほどの速さはありませんが1回自分で手続きを行ってみれば、その後はスムーズに送金できるかと思います。

僕が試した銀行送金、クレジットカード送金は僕個人では問題ありませんでした。

ではXMから出金はちゃんと出来るのか?

検証しましょう!

XMから銀行口座に出金

では出金をしてみましょう。

トータル3回入金した結果、33000円相当の残金が口座内に残っています。

これを出金してみます。

XMでは入金した口座に出金するよう記載があるため、入金した口座と同じ口座に出金を行います。

銀行からの出金方法(電信送金)

まずはXMの会員ページにアクセスします。

そして該当口座のアクション内「資金の出金」を選択します。

今回は銀行に送金するので「International Wire Transfer」(電信送金)を選択します。

「資金の出金 – International Wire Transfer」画面が表示されますので、記入していきます。

全角カタカナ表記のある箇所(受取人の名前と苗字)だけは全角カタカナで入力しますが、他は全てアルファベットでの入力になります。

個人情報

  • 受取人の下のお名前(全角カナ表記):タロウ
  • 受取人の姓(全角カナ表記):ヤマダ
  • 受取人のお名前(フルネーム):TARO YAMADA
  • 受取人の住所:英語で住所を記入します
  • 受取人の銀行口座番号/IBAN:銀行の口座番号を入力します

英語での住所入力はコチラが便利です。

JuDress

受取人銀行

例:三井住友銀行の場合

  • 銀行名:SUMITOMO MITSUI BANKING CORPORATIONを選択
  • SWIFTコード:SMBC JP JT
  • 銀行所在地:
  • 支店名:
  • 支店コード:

SWIFTコードは「銀行名 SWIFTコード」でネット検索するとすぐ見つかるかと思います。

支店コードは通帳やカードに記載があり、支店名も支店コードからネットで検索することが可能です。

仲介銀行(該当する場合)

仲介銀行を利用する方のみ記入が必要です。

出金額

出金額を入力します。

当然、残高以上の金額は入力できません。

また、ポジションを保持したままでの出金は残高全ての出金は出来ないので注意してください。

 

入力後リクエストをクリックして手続きは完了です。

実際に出金してみた

32962円を出金します!

本当は33000円のはずでしたが、調査の関係で取引をした結果38円マイナスになってしまいました・・・。

まずは上で書いたように出金手続きを記入します。

そしてリクエストをクリックした結果、MT5の残高はきれいに0円になっていました。

全額抜いたのでボーナスもすべて消滅。

今回は検証のため・・・しょうがありません。

証拠画像がコチラ。

MT4・MT5やXMHPの時刻とは時差があるので日本時間で言うと13時30分頃になります。

「Credit Out」がボーナスが消えましたよって意味です。

「CW-PD」で残高のすべてが出金されたことを表しています。

XMの会員ページでは以下のように表示されていました。

そして、出金完了のメールが20分程度で届いたので再度確認したところ、

状態が切り替わって「承認されました」になっています。

あとは銀行側、または僕の入力不備が無ければ入金されるはずです。

・・・

銀行の明細を確認したところ、なんと当日中に振り込まれていました。

銀行の営業時間だと最短当日で出金の入金確認が出来ました。

XMのHPには振込先銀行の2~3営業日程度かかると書いていあったのでさすがに早すぎてびっくりしました。

これは最短だと思われますが、受取先銀行が営業時間であればその日中にも届くという検証結果でした。

当然当日中に届かない可能性もあるのである程度(2~3営業日)は様子を見ましょう。

ちなみに口座に入っていた金額ですが、32962円より少ない金額が入金されていました。

XMでは200ドル(200USD)以下で出金するとXM側で手数料が発生すると記載があります。

今回は3万円程度なので、200ドルを円換算しても条件は満たしており、XM側の手数料はかかりません。

では何で少なくなっていたのかと言うと、

出金先の自分の銀行口座に入金する際に銀行側の手数料で引かれたものになります。

これは銀行によって金額が異なりますので一概には言えませんが、僕の場合は2500円ほど引かれていました。

銀行送金による出金の際はそのような手数料も考えて行った方がよいでしょう。

まとめ

今回自らXMで銀行送金による出金・入金を行って分かったことをまとめると、

入金

  • ちゃんと入金出来ました
  • 送金者の名前を正しく行わないとすぐに入金されない
  • 正しく送金できている且つ銀行の営業時間内であれば、30分もかからないでMT4・MT5の残高に反映されるかも
  • 手数料を気にするのであれば1万円以上で振込先と同じ銀行を選ぶこと

出金

  • ちゃんと出金出来ました
  • 入金ほどの速さではないが振込先銀行が営業時間内であれば当日にお金が届く可能性がある
  • 200ドル以下で出金するとXM側・振込先銀行側両方で手数料がかかる
  • 200ドル以上で出金しても振込先銀行側の手数料はかかる

こんな感じかと思います。

文章にすれば当たり前のようにも感じますが、信ぴょう性がなかったので今回自分でやってみました。

結論はXMのHPに書いてある通り、むしろタイミングが合えばそれより早く対応が終わることが分かりました。

この検証でこれからXMを利用しようとしている、またはこれから入金出金を考えている方の参考になれば幸いです。


XM超入門の厳選記事はコチラ

XMとは?利用者の僕が知り得る全てを書いた、XM解説虎の巻【画像付き】

XMでデモ口座開設。手順や注意点を画像付きで解説

口座開設から口座有効化まで画像付きで詳細を徹底解説!XMのリアル口座開設方法

XMのスタンダード口座のメリットとデメリットの特徴をざっくり解説

XMの口座ざっくり解説「マイクロ口座」

XMのゼロ口座(Zero口座)のメリットとデメリットの特徴をざっくり解説

[スマホでXM]取引方法から機能までMT4・MT5のスマホ版使い方ざっくり取扱説明書

【スマホでXM】スマホでの口座開設方法を細かく解説

XMマイナス残高リセット(ゼロカット制度)の真実、負け続けた僕の経験談

XMのマイ・ロイヤルティ・ステータスを最速でEliteに上げる方法

海外のFX会社XMと日本のFX会社の違いざっくり比較表

XMの入金ボーナスは総額いくら貰えるのか計算してみた



カテゴリー:経験談

タグ:, , , , , , , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。