XMのMT4・MT5で全取引通貨ペアを表示される方法とは?

XMでは通貨ペア全57種類のほか、金銀の貴金属やコモディティとよばれるコーヒーや綿など100種類以上の商品の取引が可能です。

しかしMT4・MT5の初期設定ではメジャーな通貨ペアしか表示されていません。

ここではマイナーでコアな通貨ペアや貴金属、株式などを実際にチャート画面に表示させる方法を説明します。

MT4・MT5によっても多少方法が異なりますが表示方法はほとんど同じなので、特に気にせず読んでください。

ちなみに下記の解説ではMT5を使用しています。

MT4・MT5で全ての銘柄を気配値表示に表示させる

まずは準備として気配値表示というものを表示させましょう。

ご自身でカスタマイズをさほどしていなければ基本的に画面上に既に表示がされているものになります。

気配値表示がされていない場合は、画面上の「表示」から「気配値表示」を押すことで表示されます。

気配値表示には4種類あるので少々分かりづらいかもしれませんが、窓の左上に「気配値表示」と記載があります。

画像は分かりやすく大きくしていますが、本来は右側などに表示されるかと思います。

拡大縮小・移動などできるので好きなサイズや場所に移動させてみてください。

最初はこのように、表示中の通貨または有名な通貨ペアがいくつか出ている状態かと思います。

この状態だと、気配値表示に表示させている銘柄以外はチャートを表示させにくい状態になってしまいます。

画像の状態で新規チャートを作成するとドル円しか選ぶことが出来ません。

気配値表示に任意の通貨を加えることで新規チャートを作成する際に簡単に表示させることが出来ます。

では、とりあえず全銘柄をなりふり構わず表示させてみましょう。

xm_65.png

画像のように気配値表示で右クリックをして「すべて表示」をクリックします。

すると全銘柄が表示されます。

FX以外の株式指数や貴金属、コモディティなどすべて含まれます。

ちなみにその下の「セット」から「forex.all」などを選ぶとXMでセレクトされた一部の通貨ペアだけ追加させることも可能です。

ちなみに銘柄一覧から削除したい場合は「銘柄」で設定するか、もしくは「非表示」(または「銘柄を非表示にする」)をクリックしますと選んだ通貨ペアが非表示になります。

「すべて非表示」をクリックしますとほとんどの通貨は非表示になります。

任意の銘柄チャートを追加させる

全部表示させるのは邪魔でしょうがない。

そんな場合はちょっと手間がかかりますが任意の通貨ペアだけ表示させる方法があります。

主な方法としては2通りあります。

まず1つめは「銘柄」タブを選択し、一番下の「クリックして追加…」をクリックしますと入力欄が表示されますので、そこで任意の通貨のイニシャルを入力する方法です。

xm_64.png

このように当てはまる通貨ペアの一覧が表示されますので、1つを選べば上の銘柄に1つだけ追加されます。

次に「銘柄」から設定する方法です。

MT4・MT5画面上部の「表示」から「銘柄」をクリックするか、気配値表示の「銘柄」タブで右クリックして「銘柄」を選択することで上の画像の画面を表示させることが出来ます。

ここからでも銘柄の追加は可能です。

銘柄選択後に「銘柄を表示する」をクリックすれば気配値表示に追加されます。

ここまでくれば後は簡単です。

任意の通貨ペアのチャートをMT4・MT5に表示させる

xm_66.png

  • 「気配値表示」で該当取引で右クリックし「チャートウィンドウ」を選択
  • 「ファイル」「新規チャート」にて銘柄を選択
  • 画面左上の新規チャートアイコンから選択

これらから新規チャート画面を表示させれば全ての銘柄で取引を行えるような状態になります。

※厳密に言えばチャート画面を表示させなくても売買可能ではあります

ただし注意点があります。

気配値表示で表示させた銘柄以外はチャートを表示できないようになっています。

ですので、チャートを表示させたい場合は気配値表示で一度銘柄を表示させてから新規チャートを表示させましょう。



カテゴリー:【初心者向け】XMとは?, MT4・MT5関連, XM取引関連

タグ:, , , , , , , , , , , ,

2件の返信

トラックバック

  1. XMで取引できる全通貨ペア一覧を日本語で解説 | XM超入門
  2. XMで取引できる全通貨ペア一覧を日本語で解説 – XM超入門

※コメントは受け付けていません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。