【XMTrading Q&A】デモ口座に追加入金をするにはどうすればよいのか?

ここではXMTradingに関連した様々な疑問点に焦点を当て、Q&A方式で初心者目線で分かりやすく解説していきます。

XMTradingの仕組みやMT4・MT5、スマホアプリに関するちょっとした「なぜ?」を、XMTrading歴4年目の僕が気付いた範囲で記事にしていこうと思います。

分かりやすさを優先しておりますので、実際の仕様や解説を交えつつ、より詳細な内容については当サイトの関連記事のURLをリンクしていますので参考にしてみてください。

今回は「XMTradingのデモ口座に投資金を補充するには?」です。

XMTrading超入門その他の記事はコチラ

XMTradingデモ口座への追加入金方法について

結論から言うと、デモ口座へ追加入金は出来ません。

これはXMTradingの仕様の話であり、どうにもならないものとなります。

これはデモ口座のデメリットとも言える部分でもあります。

XMTradingのデモ口座では口座開設時に投資額(軍資金)の金額設定が出来ます。

日本円だと投資額は最小1000円から最大500万円まで設定ができます。

デモ口座ですので、実際のお金を入金するのではなくあくまで仮想の軍資金だと思ってください。

自分の取引スタイルに応じて軍資金を設定できるのですが、取引で損をすると軍資金が無くなってしまう場合があります。

そうなるとこれ以上取引が出来ないですよね。

リアル口座であれば、再度入金をすれば済む話ですが、デモ口座には追加入金なる手段がありません。

なのでデモ口座で残高が0以下になる=その口座での取引は出来なくなることを意味します。

現実で言えば実際の投資金がなくなり、これ以上FXができないことになります。

別の見方をすれば、商品取引の生々しさを感じられるものではありますが、練習のデモ口座なので追加入金したいですよね。

ではどうしたらもう一度デモ口座で取引が出来るようになるのでしょうか。

デモ口座への追加入金、それはデモ口座を新たに開設すること

残高を失ったデモ口座は使い捨てになります。

追加入金が出来ない以上、新しくデモ口座を用意するしかありません。

そしてそれがデモ口座の正しい追加入金方法です。

デモ口座への追加入金=新しいデモ口座を作ってしまおう

という流れになってしまいます。

残高を失った場合は再度デモ口座を作ってしまいましょう。

ちなみに残高が尽きた口座も、ずっと取引をしない状態で放置すると一定期間で口座が削除されるシステムになっています。

これもXMTradingの仕様ですので、気にせず該当口座は放っておけば問題ありません。

※デモ口座の最大5つまでしか有効な口座を持つことができませんので注意してください。

デモ口座は口座開設に時間はたいしてかかりませんので、すぐにまた取引に戻れるかと思います。

口座の有効化もリアル口座と違ってありませんので。

ちょっと面倒かもしれませんが、以上がXMTradingデモ口座の追加入金になります。

残高を失う、つまり実際の取引で想定すると用意していた投資金を全て失うことを意味します。

もしデモ口座で強制ロスカットになったとき、これがリアル口座だったら?ということも考えてみましょう。

現実でもそのような状況はきっと起こり得る事態です。

極力リアル口座でこのようなことにならないよう、自身のトレード方法について考えてみるのもよいかもしれません。

元金を失うリスクはリアル口座では必ずありますので、それを考慮のうえでトレードを行いましょう。