【XMTrading Q&A】デモ口座・リアル口座が開設できるまでどれくらい時間がかかるのか?を分かりやすく解説

ここではXMTradingに関連した様々な疑問点に焦点を当て、Q&A方式で初心者目線で分かりやすく解説していきます。

XMTradingの仕組みやMT4・MT5、スマホアプリに関するちょっとした「なぜ?」を、XMTrading歴4年目の僕が気付いた範囲で記事にしていこうと思います。

分かりやすさを優先しておりますので、実際の仕様や解説を交えつつ、より詳細な内容については当サイトの関連記事のURLをリンクしていますので参考にしてみてください。

今回は「XMTradingで口座開設出来るまでの所要時間はどれくらい?」です。

XMTrading超入門その他の記事はコチラ

リアル口座とデモ口座の口座開設に使う時間

まずデモ口座ですが、簡易的な個人情報とデモ口座の初期情報入力程度しかないため、早ければトータル5分もかからずに終わるかと思います。

簡単なフローを書きますと、

  1. XMTrading公式サイトのデモ口座開設ページにて必要事項を入力
  2. 記入したメールアドレスにXMTradingから口座仮開設完了メールが届く
  3. メール内のリンクにアクセスに口座開設完了

の流れになります。

※別途PCだったらMT4・MT5、スマホならスマホ用のMT4・MT5やXMTradingスマホアプリのインストールが必要です。

必要事項も15項目程度で、記入事項もさほど個人情報にも触れない程度の必要最低限の内容の印象です。

現金など一切使わない、リアルなお金の損得が発生しないデモ口座ですので、そもそもの必要項目が少ないのです。

しかしリアル口座の開設はなかなかそうもいきません。

これは実際のお金を取引するため、デモ口座のように5分程度では終われない感じです。

デモ口座にはなかった、住所や規約(english)の同意があります。

とは言ってもデモ口座と比べるとそこまで内容が増えたわけでもないので10分もあれば入力自体、つまり口座開設自体は終わってしまうと思います。

手順の最初は上記のデモ口座開設とほとんど変わりません。

英語での入力形態に慣れていない場合は確認に時間がかかってしまう項目があるかと思います。

しかしリアル口座にはその後に開設後に口座を有効化する必要がありまして、そこで多少時間がかかってしまいます。

有効化とは個人を特定できる、いわゆる身分証のようなものを画像でXMTradingに送信するのですが(XMTrading会員ページにて行います)、送った後にXMTradingからの返事が来るのが速くても半日かかってしまうためここで時間がかかってしまうのです。

リアル口座でつまずきやすい英語入力や口座の有効化については、こちらのページに詳しく書きましたので良かったら参照ください。

初心者がつまづく部分を画像付きで徹底解説!XMTradingリアル口座開設方法

まとめ

口座開設のみをピックアップしますと

デモ口座→5分程度

リアル口座→10分程度

となります。

デモ口座は他のツールの用意があれば、10分以内に取引開始できますが、リアル口座は他に口座の有効化も含まれているため、実際は1日程度取引開始までに時間がかかると考えた方が無難かもしれません。