初心者がつまづく部分を画像付きで徹底解説!XMリアル口座開設方法

XMのリアル口座開設方法を口座有効化まで画像付きで詳細を徹底解説していきます。

この記事では当たり前のような部分も省略せず全部解説していきますので、口座の有効化?英語で住所?電話番号の+81って?口座タイプって?ログインは?ていう部分もXMを利用してる、口座開設している管理人だからこそ分かる内容を書いていこうと思います。

実際にXM(エックスエム)でFXや仮想通貨、CFD取引を行う為の第1歩、リアル口座開設方法を解説します。

まずはXM公式サイトにアクセス

XMリアル口座開設はコチラからでも行けます。

リアル口座開設は緑色の「口座を開設する」から入ります。

リアル口座の登録 1/2

個人情報

名前と性

例通りに名前と苗字を間違えないように入れます。最初の文字は大文字です。

居住国

現在在住している国を選択します。

アメリカ合衆国在住の方はXMを利用できないので選択肢にありません。

希望言語

表示される言語を選択します。

電話番号

例えば日本でXMのHPを開いた場合はデフォルトで+81が入っています。これはざっくり解説すると海外から日本国内に電話をかける際に必要な最初の番号のようなものです。これがないと海外から日本国内にいる自分の番号には届きません。さらには日本の携帯だと090~や固定電話だと0120~などから始まりますがド頭の0は国内通話ですよーって意味なので海外に電話をするときは外す必要があります。これは電話番号のちょっとした豆知識ですね。国ごとに最初の番号は異なりますので確認しましょう。

仮に日本在住だとXMは海外サイトになるので頭に+81を入れ、さらに国内通話の0を外した番号を入力する必要があります。

例:+81と頭の0を取った090-1234-5678番号の場合→+819012345678

Eメール

携帯やPCのアドレスやgmailなどを入力すればOKです。

取引口座詳細

取引プラットフォームタイプ

XMで取引を行う際に利用するシステム(プラットフォーム)であるmetatraderのMT4、MT5。どちらかを選びます。

MT4・MT5はMT5が新しいバージョンになり、MT5でしかビットコインを含む仮想通貨の取引はできません。僕はMT5を選びましたが、ぶっちゃけ機能的にはMT4の方が良いかと思います。MT5にはMT4で重宝されているようなEA(自動売買)やインジケータがMT5に互換できない関係でまだ量が少ないんです。今後はMT5のほうに徐々に傾いていくでしょうけど(ビットコインはMT5でしか取扱ないですし)、仮想通貨を取引しない場合は現状はMT4を使用したほうが便利かもしれません。これも自分の特徴にあったものを選んだ方がいいですが、初回口座開設後はかなり簡単に追加口座の登録が出来るので、ここでMT4を作った後でもMT5用の口座を作ることも可能です。

口座タイプ

利用したい口座(3種類)を選択します。スタンダード口座、Zero口座、マイクロ口座の3種類ありましすが、スタンダード口座、マイクロ口座に比べてZero口座は特徴が異なります。詳しくはコチラの記事に特徴をまとめたので参考にしてみてください。ざっくり説明するとマイクロ口座は基本通貨は小さく、Zero口座はスプレッドがかなり狭いのが特徴です。

[最新版]スタンダード口座、マイクロ口座、Zero口座の特徴まとめ

全ての入力が完了したら「ステップ2へ進む」をクリックします。

リアル口座の登録 2/2

 

生年月日

左から日、月、年で打ちます。

都道府県・市と区町村・町名などの住所記入欄

後で送ることになる住所の確認書類と同じ住所を記入します。

海外サイトでの住所表記に自信のない方はコチラのサイトで自動で英語表記の住所に変換してくれますので活用してみてください。

JuDress(住所→Address変換)

郵便番号

(ー)ハイフンを入れずに入力します。

納税義務のある米国市民ですか? 

アメリカ在住でなければいいえを選びます。

口座の基本通貨

JPYやUSDなど選択可能です。

後で基本通貨を変更したい場合は追加口座を開設することで可能になります。

レバレッジ

最大1:888まで変更可能なので(Zero口座は500倍まで)、自分にあったレバレッジに変更します。ちなみに登録後にレバレッジの変更は可能です。ただ即反映ではなくXMスタッフの手動変更になるそうなので多少の時間はかかります。ちなみにレバレッジってなに?って方はコチラの記事に書いているので参考にしてみてください。

レバレッジ888倍のってどんなものなのか説明します【初心者向け】

口座ボーナス

ボーナスを受け取るか否かを選びます。ざっくり説明すると残高に反映されず出金も出来ませんが、証拠金として利用できるモノです。ボーナスだけで取引ってことも可能です。ボーナスって何って方はこちらに詳しい内容を記載しています。

XMのボーナスの意味を解説

投資家情報

ここは審査などにあまり影響を受けないようなのですが必須入力項目なので入力します。ざっくりで問題ないかとおもいます。

口座パスワード

「パスワードには、小文字、大文字、数字のうちの少なくとも2つを含める必要があります。特殊文字は使用できません。」とあるのでその条件で入力します。

確認

ニュースレターの受取はデフォルトでチェックされてます。平日はXMウェビナーの案内メールや取引している商品に関しての情報が来るのですが、いらないって方はチェックを外しましょう。
そして下のチェックは理解しているのならばチェックを入れましょう。

口座開設確認

xm_gazo2017092302
最後に届いたメール内のプロセス完了のリンクにアクセスして口座開設は完了です。
お疲れ様でした。
以上で口座開設の80%は完了です。
つまり、これだけではトレードは出来ません。
現在は口座開設を行っただけでまだ本人確認が出来ていない状態になります。
本人が確認出来ていないまま取引しては犯罪の温床になりかねません・・・。
画像のステップ3にもある通り、口座の開設は出来ましたが、まだ利用はできない状態ですので口座の有効化を行う必要があります。
有効化とはざっくりいうと身分証を提示して住所と身分が間違いないか確認することです。
ここからは口座の有効化方法、実際に取引を行うための準備を解説していきます。

口座の有効化

ここは僕がすでに口座を持ってしまっているため画像を用意することが出来ませんでした。

文字だけですがご容赦ください。

会員ページにログインするとでかでかと「口座が有効化されていません」と表示されていますので「有効化する」をクリックします。

すると「身分証明書」と「住所確認書」の添付欄が表示されます。

身分証明書は名前、出生地、生年月日、その書類が現在有効である必要があります。基本的には国が発行した身分証となるので車の運転免許証やパスポートが該当します。カラーである必要があります。

住所確認書は過去半年以内の現在の住所が記載された公共料金の請求書であることです。

大体1時間~数日で書類の結果が届きます。人の手で確認しているので早かったり、XMが営業日でない場合は遅れる場合があります。

ちなみに上の条件が欠けたまま送信すると再度送り直しになります。何がダメだったのかはメールに添付されているかと思うので改善した写真を再度送りなおします。

ちなみに僕は一度住所確認書でミスをして送り直しになっています。

写真を撮る際に、住所のみだけで送ってしまい再送依頼通知が来ました。

なので住所確認書は必ず住所とそれが発行された期間が写るように送りましょう。

僕が失敗から得た知識です。

有効化についてはコチラの記事にも書いているので参考にしてみてください。

XMに証明書類を送ってみたらどんだけかかるのか。

送信が完了すると現地XMスタッフの確認の上、有効化完了のメールとして「口座有効化および顧客区分のお知らせ」といったタイトルでメールが来ます。

有効化完了の通知が最短1時間とかでどこかで見ましたが、僕は8時間かかりました。XMは海外なので時差の都合上、現地が休みとか夜だと営業時間外でそりゃ返事も来ないですし、目視で確認しているはずなので申し込みが混雑していると当然返事も遅くなります。なので1日くらいかかる気持ちでゆったり待ちましょう。

XMからの受信メールのタイトルですが、【顧客区分のお知らせ】となっていると思います。

以下は届いたメールの内容の一部です。

お客様は、Investment Services and Activities Regulated Markets Law およびそこで発行された関係指令に従い、「リテール顧客」として区分されています。
この区分は、お客様の取引に関する知識と経験について、登録過程で提出された情報を元になされています。
お客様には、「プロ顧客」または「適格取引先」という、異なる区分を要求する権利があります旨、ご承知おきください。

口座有効化および顧客区分のお知らせのメール内容より抜粋

リテールやらなにやら書いてありますがぶっちゃけ気にしなくていいです。個人の投資家という括りになるんだという感覚で大丈夫です。

ちなみに住所変更などがあった場合は、基本的に書類など送られてこないので放っておいても大丈夫のような気がしますが、クレジットカードで入金するときとか銀行口座に出金する場合で違う住所だと入出金が遅れてしまったりする可能性があります。住所変更があった場合は申請しましょう。

※ただし、会員ページに住所変更するところがないんですよね。書類のアップロードは有効化後でも可能なのですが。不安な方はライブチャットで質問してみてください。

これで正真正銘、口座開設が完了しました。

あとは取引するプラットフォームをインストールして取引するだけです。

プラットフォームのインストール

取引を行うためにはXMのプラットフォーム(MT4かMT5)のインストールが必要になります。

XMの会員ページからプラットフォームのインストールが容易に出来るのでそこからダウンロードしましょう。

ただし、最初に選んだプラットフォーム以外をダウンロードしても使えないので必ずMT4ならMT4の、MT5ならMT5のプラットフォームをダウンロードしましょう。あとで口座を追加で開設も出来るのでMT4とMT5両方の口座を持つことも可能です。その際は面倒な住所確認もないのでサクサクできますよ。

あとは指示通りにインストールします。

インストール後、ログインが必要になるので、口座開設時にメールで届いたログインIDと登録時に入力したパスワードを入力します。サーバもメールに記載があるのでそちらを選択し、OKを押すとログイン完了。

サーバーに関しては会員ページ内でも確認出来ます。

 

これでXMでの取引が可能になります!

早ければ半日程度でここまで行けるかと思います。

あとは入金をするか初回口座開設時のボーナス3000円で取引が始められます。



カテゴリー:【初心者向け】XMとは?, MT4・MT5関連, XMサイト仕様関連, XM取引関連, XM口座開設関連

タグ:, , , , , , , , , , , , , , ,

18件の返信

トラックバック

  1. XM超入門へようこそ | XM超入門
  2. XM超入門へようこそ – XM超入門
  3. XMゼロカット制度の真実、負け続けた僕の経験談【2018年完全版】 – XM超入門
  4. XMについて気になることをXM利用者の僕が質問形式で全部答えてみた【XM口座開設編】 – XM超入門
  5. XMの口座開設ボーナス3000円のもらい方を解説(貰えない場合も) – XM超入門
  6. XMマイナス残高リセット(ゼロカット制度)の真実、負け続けた僕の経験談【2018年完全版】 – XM超入門
  7. 画像で丸わかり!XMの登録方法~デモ口座編~ – XM超入門
  8. 【スマホでXM】スマホでの口座開設方法を解説 – XM超入門
  9. XMのスタンダード口座でレバレッジ毎にどの程度必要証拠金が必要なのか計算してみた – XM超入門
  10. XMPをUSDに交換・換金すればマイナス残高リセットされるの?【XMへの疑問・FAQ】 – XM超入門
  11. マイナス残高リセット(ゼロカット)はちゃんとされますか?【XMへの疑問・FAQ】 – XM超入門
  12. XM口座開設の時に電話番号を書いて大丈夫?【XMへの疑問・FAQ】 – XM超入門
  13. XMでデモ口座を開設するときに必要な書類は?【XMへの疑問・FAQ】 – XM超入門
  14. XMのリアル口座開設時にお金はかかるの?かかるとしたらどのタイミング?【XMへの疑問・FAQ】 – XM超入門
  15. Zero口座で開設する利点はあるの?【XMへの疑問・FAQ】 – XM超入門
  16. デモ口座からリアル口座に変更したときにMT4・MT5のデザインは引き継げるの?【XMへの疑問・FAQ】 – XM超入門
  17. MT4・MT5にある回帰チャンネル(線形回帰チャネル)の見方と使い方をざっくり解説 – XM超入門
  18. MT4・MT5にある標準偏差チャンネル(チャネル)の見方と使い方をざっくり解説 – XM超入門

※コメントは受け付けていません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。