ExamplesMT4・MT5でのインジケータ追加方法、設定方法

MT4・MT5のインジケータの中でもトレンド系、オシレーター系などに属していないExamplesのインジケータというモノがあります。

そのインジケータのチャート追加方法、設定方法を解説していきます。

 

まずExamplesのインジケータがどこにあるかですが画面にナビゲータを表示させている場合はExamplesが表示されていますが、表示させていない場合はナビゲータを表示させるか、画面上の挿入メニューからインディケータ、カスタムと進むと表示できます。

そこから今回はMT4・MT5どちらにもあるzigzagというインディケータを表示させてみましょう。

MT5にあるインディケータ「Zigzag」をざっくり解説

zigzagをクリックするとこのような画面が表示されます。

zigzag以外をクリックしても同様の設定メニューのようなものが表示されます。

線の色や大きさを変更できる場合は色の変更(カラー)から変更できます。

インディケータの期間など設定を変更することが可能な場合はパラメーターの入力(インプット)から可能です。

またMT4・MT5で場所が異なりますが、MT4では全般、MT5では共有部分に「シグナル設定の修正を許可する」があります。

これはシグナルを使用するインディケータで修正があった場合にインポートすることを許可するか否かを設定できます。

この他にも既存のインジケータ同様様々な設定が可能なインジケータもありますのでここで設定を変更します。

ここでEAの場合は自動売買を許可していないと表示後も取引出来ませんので注意してください。

設定後はOKをクリックすることで該当インディケータがチャート上に表示されるようになります。

チャート表示後のExamplesインディケータ設定変更方法ですが、トレンド系などのインディケータで出来た該当インディケータをダブルクリックして設定画面を表示させる手法がExamplesインディケータでは使用できません。

なので設定変更を行う際はチャート上で右クリックし、インディケータリスト(表示中のインジケータ)を開く必要があります。



カテゴリー:コアなインジケータ, MT4・MT5関連

タグ:, , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。