MT5にあるインジケーターZigzagをざっくり解説

XMのMT4・MT5に搭載されているインジケーター。

その中でも下の方にある使用用途がイマイチよく分からないインディケータ、Examples。

それを管理人が実際に使ってみたり調べてみたりして分かったことをざっくり書いていきます。

有名なインディケータに比べて情報が少ないので情報に間違いやだいぶ足らないところ多々あるかと思いますが大目に見ていただければと思います。

今回はMT5に搭載されている「Zigzag(ジグザグ)」を見ていきます。

XMについて詳しく知りたい方はコチラの記事にすべてまとめてあるのでを参考にしてみてください。

XMとは?利用者の僕が知り得る全てを書いた、XM解説虎の巻【画像付き】

画像で言うところの緑の太い線がZigzagの線になります。

Examplesに格納されているのでExamplesのインジケータ追加方法はコチラの記事を参考にしてみてください。

MT4・MT5のExamplesのインジケータ追加方法、設定方法

画像はデフォルトの設定より太く、色も見やすく変えています。

簡単にいえばZigzagは相場の高値と安値をつないで視覚的にチャートの変動を見やすくしたものになります。

この線の特徴は設定である程度変更が可能です。

(Ext)Depth→深度、山谷の大きさが変わります。あまり小さくし過ぎると線が消えてしまいます。

(Ext)Deviation→偏差、

(Ext)Backstep→バックステップ、

※MT5では頭にExtが付きます。

 

移動平均線は過去を参照して緩やかに表示されますが、Zigzagは現在のチャートを直感的・直線的に表示させますので端的に相場の上下を把握できます。



カテゴリー:コアなインジケータ

タグ:, , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。