MT4・MT5にあるインジケーターFlameChartをざっくり解説

XMのMT4・MT5に搭載されているインジケーター。

その中でも下の方にある使用用途がイマイチよく分からないインディケータ、Examples。

それを管理人が実際に使ってみたり調べてみたりして分かったことをざっくり書いていきます。

有名なインディケータに比べて情報が少ないので情報に間違いやだいぶ足らないところ多々あるかと思いますが大目に見ていただければと思います。

今回はMT5に搭載されているCanvas内の「FlameChart」を見ていきます。

XMについて詳しく知りたい方はコチラの記事にすべてまとめてあるのでを参考にしてみてください。

XMとは?利用者の僕が知り得る全てを書いた、XM解説虎の巻【画像付き】

画像を見ての通り、右から得体のしれない炎が噴出しているのが見えます。

フレームチャートと呼ばれるとおりです。

画像では分かりやすくするためにチャートシフトを行っています。

(チャートシフトはチャート上で右クリックすると選べます)

ちなみに実際にチャート上で表示させるとうねうねと炎がリアルタイムで動いていることが確認出来るかと思います。

MT4・MT5のHPなどで確認したのですが、

おそらく今後チャートがどのように遷移するかを炎という可視化出来る映像を元に表現しているものと思われます。

計算式は不明ですが、現に画像では相場が下降しようとしている際に炎がやや下向きに噴いていることが分かります。

念のため上昇トレンドのチャートでFlameChartを表示させたところ、上向きに炎が噴いていました。

そうなると実に安直なインディケータですよね。。。

以上です。



カテゴリー:コアなインジケータ

タグ:, , , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。