MT5・MT4にあるテクニカル指標「gator oscillator(ゲーターオシレーター)」って何?その意味と使い方をざっくり説明

チャートをより分かりやすく予想しやすくするためのインジケーター。

そのインジケーターを種類別に初心者の方にでも分かりやすくざっくり説明していきます。

詳しく知りたい方はMT4・MT5の本家metatrader公式サイトをご覧ください。

metatrader5公式サイトはこちら

インジケーターはいくつもあります。自分のニーズに合う最良のインジケーターを見つけてください。

XMに関するサイトですので、XMのMT5を使用します。MT4にも同様のモノがある場合もあります。

今回はテクニカル指標、ビルウィリアムズ指標の「gator oscillator」。

日本語だとゲーターオシレーターとか言います。

解説

ゲーターオシレーターは画像で言うと下部の緑と赤の縦線の羅列になります。

※中央の線が0になります。

他のインジケータにも似たような描写をするものがありますが、ゲーターオシレーターは0から上下に線が出ているため他のインジケータとは一味違います。

ではどのように見るか?ですが、まずはどのように線が計算されているかをざっくり説明します。

ゲーターオシレーターは名の通り、アリゲーターを用いて計算されています。

以下の画像がゲーターオシレーターとアリゲーターを複合したものです。

ゲーターオシレーターの上の線は、アリゲーターの青(顎)線と赤(歯)線の差です。

ゲーターオシレーターの下の線は、アリゲーターの緑(口)線と赤(歯)線の差をマイナスで描写したものです。

上の線は値がマイナスになると、下の線は値がプラスになると赤くなり、逆は緑で描写されます。

使い方はアリゲーターとほとんど同じで、アリゲーターでは口を開ける、つまり3つの線の幅が広まる際にトレンド形成の合図になりますが、ゲーターオシレーターでは線の長さが上下に大きくなっているとワニの口が開いている合図になるのでトレンドが始まっている合図になります。

緑の線が増えてきた際はトレンド形成の合図になります。

ただ、ご覧の通りゲーターオシレーターの形成が遅いのでいち早く気づきたい場合は他のインジケータも利用する必要があります。

MT4設定方法

①パラメータ

ジョーズ(アゴ)期間:アリゲーターのアゴの移動平均線(青)の期間を変更できます。

ティース(歯)期間:アリゲーターの歯の移動平均線(赤)の期間を変更できます。

リップス(口)期間:アリゲーターの口の移動平均線(緑)の期間を変更できます。

種別:アリゲーターに利用される移動平均線の種類を変更出来ます。

  • simlpe→単純移動平均線(SMA)対象となる期間の値を平等に足して割った平均値
  • exponential→指数移動平均(EMA)直近の値に重きを置いた移動平均
  • smoothed→平滑移動平均(SMMA)EMAより緩やかな動きをする移動平均
  • linear weighted→線形加重移動平均(LWMA)直近の値に最大の割合をかけて対象期間の最後に向かってどんどん割合を落としたもの足して割ったような移動平均

適用価格:移動平均線をどの値で計算するか設定できます。

  • Close →足の終値で計算します
  • Open →足の始値で計算します。
  • High →足の最高値で計算します。
  • Low →足の最安値で計算します。
  • Median Price (HL/2) →足の最安値と最高値を足して割った(÷2)値で計算します。(中間価格)
  • Typical Price (HLC/3) →足の最安値と最高値と終値を足して割った(÷3)値で計算します。(典型的価格)
  • Weighted Close (HLCC/4) →足の最安値と最高値と、終値を2倍した値を足して割った(÷4)値で計算します。(加重平均価格)

②色の設定

上昇線、下降線の線の色、形、太さを変更できます。

また上限下限も設定できます。

③レベル表示

ゲーターオシレーターに追加で線を引きたい場合に利用します。

④表示選択

時間足によって表示するか否かを設定します。いじんなくてもいいところです。

MT5設定方法

①パラメータ

ジョー(アゴ)期間:アリゲーターのアゴの移動平均線(青)の期間を変更できます。

ティース(歯)期間:アリゲーターの歯の移動平均線(赤)の期間を変更できます。

リップ(口)期間:アリゲーターの口の移動平均線(緑)の期間を変更できます。

種別:アリゲーターに利用される移動平均線の種類を変更出来ます。

  • simlpe→単純移動平均線(SMA)対象となる期間の値を平等に足して割った平均値
  • exponential→指数移動平均(EMA)直近の値に重きを置いた移動平均
  • smoothed→平滑移動平均(SMMA)EMAより緩やかな動きをする移動平均
  • linear weighted→線形加重移動平均(LWMA)直近の値に最大の割合をかけて対象期間の最後に向かってどんどん割合を落としたもの足して割ったような移動平均

適用価格:移動平均線をどの値で計算するか設定できます。

  • Close →足の終値で計算します
  • Open →足の始値で計算します。
  • High →足の最高値で計算します。
  • Low →足の最安値で計算します。
  • Median Price (HL/2) →足の最安値と最高値を足して割った(÷2)値で計算します。(中間価格)
  • Typical Price (HLC/3) →足の最安値と最高値と終値を足して割った(÷3)値で計算します。(典型的価格)
  • Weighted Close (HLCC/4) →足の最安値と最高値と、終値を2倍した値を足して割った(÷4)値で計算します。(加重平均価格)

アップ:上昇線の線の色、形を変更できます。

ダウン:下降線の線の色、形を変更できます。

②レベル

ゲーターオシレーターに追加で線を引きたい場合に利用します。

③スケール

ゲーターオシレーターの描画に関する範囲の指定などが出来ます。

④表示選択

時間足によって表示するか否かを設定します。いじんなくてもいいところです。



カテゴリー:インジケータ(ビルウィリアムズ系)

タグ:, , , , , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。