MT5・MT4にあるテクニカル指標「MACD(マックディー )」って何?その意味と使い方をざっくり説明

チャートをより分かりやすく予想しやすくするためのインジケーター。

そのインジケーターを種類別に初心者の方にでも分かりやすくざっくり説明していきます。

詳しく知りたい方はMT4・MT5の本家metatrader公式サイトをご覧ください。

metatrader5公式サイトはこちら

インジケーターはいくつもあります。自分のニーズに合う最良のインジケーターを見つけてください。

XMに関するサイトですので、XMのMT5を使用します。MT4にも同様のモノがある場合もあります。

今回はテクニカル指標、オシレーター系の「MACD」。

日本語だとマックディー とか言います。

解説

オシレーター系の中でも有名なインジケータであるMACD。

MACDを表す線は画像で言うと青い線でボリューム系のような縦線の羅列になります。

MACDは26日と12日のEMA(指数移動平均)の差です。

赤い点線はシグナル線は9日間移動平均線です。

シグナル線の期間は変更出来ますが9日が一般的だそうです。

また移動平均線はMT4・MT5では単純移動平均です。

主に4つの使い方がありますが、どれもオシレーター系の典型的使い方で、僕個人としては一番見やすいかなと思っています。

  1. MACDがシグナルより上か下かに突き抜けた際は売買のシグナル(クロスオーバー)
  2. MACDが0から上下に突き抜けた際は転換期
  3. MACDとシグナルに大きな差があるときは買われ過ぎ売られ過ぎ
  4. ダイバージェンス

とシンプルながらいろいろな状況を判断する際に役立つインジケータです。

では1つずつ説明します。

1.クロスオーバー

MACDがシグナルより下に突き抜けた際は売り、上に突き抜けた際は買いのシグナルになります。

2.MACDが0から上下に突き抜けた際は転換期

これは最も単純でMACDが中心の横線0を上に突き抜けた際は買い、下に突き抜けた際は売りのシグナルになります。

ただし、これだけを見ると既に他のシグナルが発された後の中途半端なタイミングで売買してしまう可能性が高いので注意してください。

3.MACDとシグナルに大きな差があるときは買われ過ぎ売られ過ぎ

急な変動がくるとMACDは過剰に反応し、シグナルが追い付かず大きな乖離が起こります。その際は買われ過ぎ売られ過ぎのシグナルとなり、反動で落ち着く、値が逆行する可能性があります。

4.ダイバージェンス

これはチャートが直近の最高値・最安値を更新しているにも関わらずMACDが最高値・最安値が更新されていない場合のことを指します。これが起きた後は転換期になり値が逆行する可能性があるのでそのシグナルとして活用します。

MT4設定方法

①パラメーター

短期EMA:短期EMAの計算に用いられる期間を設定します。初期設定はMT4・MT5ともに12日です。

長期EMA:長期EMAの計算に用いられる期間を設定します。初期設定はMT4・MT5ともに26日です。

シグナル:シグナル線の計算に用いられる期間を設定します。初期設定はMT4・MT5ともに9日です。

適用価格:足のどの値段でインジケーター内の計算をするかを設定します。初期設定はTypical Price (HLC/3) になっています。

Close →足の終値で計算します

Open →足の始値で計算します。

High →足の最高値で計算します。

Low →足の最安値で計算します。

Median Price (HL/2) →足の最安値と最高値を足して割った(÷2)値で計算します。(中間価格)

Typical Price (HLC/3) →足の最安値と最高値と終値を足して割った(÷3)値で計算します。(典型的価格)

Weighted Close (HLCC/4) →足の最安値と最高値と、終値を2倍した値を足して割った(÷4)値で計算します。(加重平均価格)

First indicator’s data (最初のインディケータデータ)→最初の指標の値で計算します。

下限設定:下限の値を変更・固定できます。

上限設定:上限の値を変更・固定できます。

②色の設定

インジケータに表示される線の色、形を変更できます。

③レベル表示

指標の線の値を変更できます。

④表示選択

時間足によって表示するか否かを設定します。いじんなくてもいいところです。

MT5設定方法

①パラメータ

短期EMA:短期EMAの計算に用いられる期間を設定します。初期設定はMT4・MT5ともに12日です。

長期EMA:長期EMAの計算に用いられる期間を設定します。初期設定はMT4・MT5ともに26日です。

シグナル:シグナル線の計算に用いられる期間を設定します。初期設定はMT4・MT5ともに9日です。

適用価格:足のどの値段でインジケーター内の計算をするかを設定します。初期設定はTypical Price (HLC/3) になっています。

Close →足の終値で計算します

Open →足の始値で計算します。

High →足の最高値で計算します。

Low →足の最安値で計算します。

Median Price (HL/2) →足の最安値と最高値を足して割った(÷2)値で計算します。(中間価格)

Typical Price (HLC/3) →足の最安値と最高値と終値を足して割った(÷3)値で計算します。(典型的価格)

Weighted Close (HLCC/4) →足の最安値と最高値と、終値を2倍した値を足して割った(÷4)値で計算します。(加重平均価格)

メイン:MACDの線の色、太さ、種類を設定できます。

シグナル(スタイル):シグナル線の色、太さ、種類を設定できます。

②レベル

指標の線の値を変更できます。

③スケール

スケールの継承:1コ前の指標のスケールを引き継ぎます。つまり前回見やすく設定したインジケータのスケール情報を利用できるってシロモノです。

ラインによるスケール:可変だったスケールを値を指定して固定できます。チェックを入れると右側に三角形が表示されてそこでスケールをいじれます。設定画面でいじる場合は下記の通り。・・・ぶっちゃけ手動で動かしたほうが簡単です。

・スケールパーセント→1~99%まで変更可能。

・スケール値→マイナスにも設定可能。

最小値の固定:下限の値を変更・固定できます。

最大値の固定:上限の値を変更・固定できます。

④表示選択

時間足によって表示するか否かを設定します。いじんなくてもいいところです。



カテゴリー:インジケータ(オシレーター系)

タグ:, , , , , , , , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。