【簡易版】スマホ版MT4・MT5のダウンロード方法を解説

MT4・MT5のスマートフォンアプリまたはXMのスマートフォンアプリを入手することでXMのFX取引や商品取引を確認することができます。

今回はMT4・MT5のスマホアプリについて、簡単に説明します。

デモ口座もこのアプリで利用が可能です。

MT4・MT5はPC版だけではなくスマホ版も用意されています。

iphoneやandroid、そしてタブレットも対応しています。

この記事を見ればとりあえずスマホからXMの取引を確認することが可能になるかと思います。

またXM以外のFX会社でMT4・MT5を利用している方にとっても基本的な操作は変わらないかと思いますのでよかったらご覧ください。

今回はそのインストールやダウンロード手順、実際にチャートを表示させるまでの手順を分かりやすく説明します。

ちなみにXM専用のスマホアプリについての解説記事はこちらをご覧ください

新しくなったXMスマホアプリをざっくり解説

とりあえずMT4・MT5をインストールする

まずはアプリをダウンロードしましょう。

【注意】XM口座開設時に指定したプラットフォーム(MT4もしくはMT5)の種類は変更できないので、必ず対応したMT4・MT5をダウンロードしてください。

スマホ・タブレットの機種に合ったダウンロード出来るサイト(Google PlayやApp Store)に行きます。

「xm」または「mt4」または「mt5」などで検索します。

下の画像のようなアイコンがmetatraderのプラットフォームです。

自分の口座に合ったMT4もしくはMT5を選択しダウンロード・インストールを行います。

画像はGoogle PlayでのMT5のインストール画面です。

画像はMT5のアプリ説明画面です。

普段のアプリのインストールと違いはありませんので問題なくインストールできるかと思います。

インストールが完了したら次はアプリから自分の口座にログインします。

とりあえず自分の口座にログインする

※android端末で手順は進めますが、iphoneも特に違いはないかと思います。

画面左上に「三」のようなマークがあります。

これがメニューボタンになり、押すと下の画像のようになります。

なおMT4・MT5インストール時に自動でデモ口座が作成されます。

これはXMとは関係がないものですが、デモ口座ですのでお金はかかりません。

いろいろありますが、一部はXMでは提供されていない機能もあります(ニュースなど)。

ちなみに経済指標カレンダーはmetatraderの別アプリ「tradays」をインストールすることで利用可能です。

しかし英語表記なので英語に自信のない方は別のカレンダーを利用した方がいいかと思います。

本題の自分の口座へのログイン方法を解説します。

上の方にある「口座管理」を押しましょう。

初期状態ではデモ口座のみが表示されます。

画面右上の「+」のマークを押すことで新しい口座画面に移ります。

今回は既にXMでリアル口座登録済みアカウントを持っている前提で進めます。

※まだリアル口座登録がお済みで出ない方はコチラからリアル口座登録画面に行けます。→XMリアル口座登録

そこで「xm」と検索するといろんなバリエーションがありますので、自分の口座種別に合った口座を選びます。

XMでは居住国に対応したグループ企業が複数あるため、このような結果になります。

今回は「Tradexfin Limited」を選択します。

分からない場合はXMホームページやXM会員ページから確認できます。

選んだあとはIDとパスワード、サーバー入力すれば完了です。

※サーバはXMの口座開設完了メールや、XM会員ページにログインすることで確認が可能です。

チャート・ポジションを表示する

最後にチャートと現在持っているポジションの表示方法について解説します。

どれもアプリの下の方に表示されているアイコンから確認が可能です。

チャートについては、まず一番左にある矢印のアイコンを押して任意の通貨ペアをタッチします。

そうすると「チャート」という項目があるのでタッチすると、画像のようなチャート画面が表示されます。

なお一回表示させれば、矢印アイコンの1つ右にある足のアイコンをタッチすると表示されるようになります。

ここまでがスマホ版MT4・MT5の大まかな設定になります。

実際に触ってみるとシンプルながらインジケーターの設定などやれることも多いです。

チャート画面の使い方などスマホ版のMT4・MT5の機能の詳細を確認したい方はよかったらこちらの記事をご参照ください。

[スマホでXM]取引方法から機能までMT4・MT5のスマホ版使い方取扱説明書