MT4・MT5チャートの縦の金額の目盛りの表示幅を変更するには?【XMプラットフォーム豆知識】

xm_gazo2017092301

今回はチャートの縦軸(スケール)の金額の表示の幅の変更方法について解説します。

XMのプラットフォームは初期設定だと自動で縦軸の幅を修正するので、過去のチャートを見るとその時期の変動幅に修正され現在と過去の比較を行おうとするとややこしく見えてしまいます。過去を見た際に振れ幅は似てるのに縦の金額が全然違っていて、えっ?ってなってしまうときもあります。

縦幅の目盛りを変更して一定区間の上下の金額を表示させられたらそういうこともなく分かりやすいかと思います。

方法は主に2パターンあります。

1.チャート上の縦軸の目盛りをドラッグして幅を変更する

言葉の通りで縦軸の目盛りをドラッグしながら上下に動かすと目盛りの金額が大きくなったり、小さくなったり出来ます。これで上下の幅を超えない限りその幅でチャートの推移を見ることが出来ます。

ただこれには短所もあり、変更した幅以上の金額を表示させてしまった場合、変更した幅が解除されてしまい通常の自動修正にもどってしまうこと、プラットフォームを一度閉じてしまうとまた通常の自動修正に戻ってしまうので気を付けて操作してください。

2.プロパティからスケールを固定する

チャート上で右クリックし、プロパティを選ぶとMT4なら全般に、MT5なら共有にあります。そこで上限と下限の金額の設定するとその金額の幅のみ表示される仕組みです。これは1での方法と違って過去のチャートを見て幅の外の金額だったとしても自動で修正されず、プラットフォームを一度閉じても消えたりしません。

これの短所は単純に設定した幅の外は見れませんからそのときはスケールを変更するか、スケールの固定を解除する必要があります。

 



カテゴリー:MT4・MT5関連

タグ:, , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。