【XMTrading Q&A】引っ越しで住所が変更になったときに申請は必要?どうしたらいいの?

ここではXMTradingに関連した様々な疑問点に焦点を当て、Q&A方式で初心者目線で分かりやすく解説していきます。

XMTradingの仕組みやMT4・MT5、スマホアプリに関するちょっとした「なぜ?」を、XMTrading歴4年目の僕が気付いた範囲で記事にしていこうと思います。

分かりやすさを優先しておりますので、実際の仕様や解説を交えつつ、より詳細な内容については当サイトの関連記事のURLをリンクしていますので参考にしてみてください。

今回は「引っ越しなどで住所が変わったときに申請を行う必要はあるのか?」です。

XMTrading超入門その他の記事はコチラ

住所が変わった場合は申請が必要!

XMTradingで口座を開設している場合、住所、居住地が変更になった場合は以下の申請が必要になります。

▼住所変更時に必要な申請▼

  • 登録したメールアドレスから、validations@xmtrading.comに住所変更する旨の連絡を入れる
  • 会員ページから変更予定、変更後の住所が分かる住所確認書類をアップロードする

※2021/09/13時点

XMTradingの「よくある質問」ページにもこのような記載があります。

居住地のご住所変更をご希望の場合は、ご登録のEメールアドレスより validations@xmtrading.com までEメールにてその旨をお知らせいただいた上で、 会員ページ より変更後のご住所がわかるご住所確認書類( 6カ月未満のもの)をアップロードして下さい。

XMTrading公式サイトより引用

メールでの報告の際は、件名に「住所変更について」、氏名と口座番号を加えておけばより確実かと思います。

住所確認書類は口座開設時と同様に、以下の条件を満たした書類である必要があります。

▼提出する住所確認書類の条件▼

  • 半年以内(6か月以内)に発行されたものであること
  • 公共料金の請求書(電気、ガス、水道、電話、ガソリン、インターネット、ケーブルテレビの利用料金)、または銀行の利用明細書であること

当然ですが、6か月以内と言っても、変更後の住所が記載されているものになります。

アップロードはXMTrading公式サイトの会員ページ内で行うことが出来ます。

会員ページ左上のの「ようこそ〇〇〇(名前)」と表示されているところをクリックしますと、プルダウン内に「書類をアップロード」という項目が表示されるのでそちらから行います。

住所が違うまま放置していると虚偽の住所になってしまい、XMTradingから注意またはそれ以上のペナルティを課せられる可能性もありましので変更後は速やかに上記申請を行いましょう。