MT4・MT5にあるテクニカル指標「bollinger bands(ボリンジャーバンド) 」って何?その意味と使い方をざっくり説明

チャートをより分かりやすく予想しやすくするためのインジケーター。

そのインジケーターを種類別に初心者の方にでも分かりやすくざっくり説明していきます。

インジケーターはいくつもあります。自分のニーズに合う最良のインジケーターを見つけてください。

XMに関するサイトですので、XMのMT5を使用します。MT4にも同様のモノがある場合もあります。

今回はテクニカル指標、トレンド系の「 bollinger bands」。

日本語だとボリンジャーバンドと言います。

 

意味

xm_05.png

画像は中央の(単純)移動平均線からプラスマイナスで3本標準偏差を表示しているボリンジャーバンドになります。(詳しい説明は後述)

見ると一番外のオレンジの線の中に大抵の足が含まれてます。

ざっくり説明するとボリンジャーバンドとは、移動平均(中央のオレンジ線)からプラスマイナス標準偏差の範囲内で”だいたい”は値が収束することを利用したテクニカル指標です。

だいたい”ってのがミソなのですが、画像ではプラマイで3本ずつ計6本引いています。これが標準偏差なるもので単位としてはσ(シグマ)を使います。

画像でいうと内側から緑が1σ、黄色が2σ、オレンジが3σになります(ちなみにMT5やMT4では少数第3位まで設定できます)。

・・・どうでもいいですよね←

重要なのはこの線の役割です。

1σ内で収束する確率は約68%。

2σ内で収束する確率は約95%。

3σ内に至っては99.7%以上という確率で収まることが分かっているようです。

3σは300回中299回は線内に収まる計算です。

最も重要なのはで、この線は20回に1回は線の外に出る計算です。

この20回に1回をイレギュラーなケースと捉えるのか、それともそれが勢いのあるトレンドをみなすのか。相場の流れを偏差からのズレで推測しようとしているのがボリンジャーバンドです。

移動平均だけでは教えてくれない、相場の転換期、流れもこのボリンジャーバンドは示してくれます。

今回は丁寧に3σも加えましたが、2σだけでも十分ボリンジャーバンドは機能します。ただ、3σの範囲を超えるときは即ち異常な偏りがある証拠です。大概は大事な経済イベント絡みですが。

相場での使い方

xm_06.png

①を見てください。これは停滞を意味するスクイーズと呼ばれるような区間です。ほぼほぼ2σの中をうろうろしている状態の期間。これは停滞してる状態で上げか下げかどっちに転ぶか分からない状況です。ここは怖いのでポジションを持ちたくないのが本音です。停滞後は相場がすごく動くなんてことはよくあることですしね。

そう思ってたら、②に近づいてきました。足がぐんと上昇しています。このときのボリンジャーバンドと実際の値動きを見ていきましょう。

値が上がっているのに、2σや3σは逆の方向に大きく開いています。これがエクスパンション、膨大です。この時は強いトレンドを意味します。・・・ですが、見ての通り値が上がった後にエクスパンションも起きるので、上昇をどこで察知推測するかまでは出来ません。またエクスパンション後はデカければデカいほど反動が起きる可能性もあるのでトレンドだと安易に思うのは危険なところです。それがノイズのような一時的は乱高下な場合もあるので。

この後上昇気流に乗った相場はぐんぐん上がっていきます。その際に2σを下から叩きながら上がっていく様が分かりますでしょうか?これがバンドウォークと言い、継続的なトレンドを示唆しています。逆に言えば2σを叩ききれない場面が続くとそのトレンドは終わる可能性を示唆しています。画像ではヒゲが長くていつトレンドが終わるかヒヤヒヤするようなものを用意してしまいました。。。すいません。

ちなみにエクスパンションが起きなくてもだらだら上昇したり下降したりしてもバンドウォークは発生します。

ボリンジャーバンドは2σを叩き続けてる状況なら順張りで、叩き終わって2σに触れなくなったら転換の可能性がある、エクスパンションはトレンド発生の兆しアリ??というような状況を察知するのに役立つテクニカル指標です。

MT5での使い方・設定

①パラメータ

期間:平均を出す期間を設定できます。初期設定は20です。発案者のジョン・ボリンジャー氏は21を使用しているそうです。

シフト:増やすと右に減らすと(マイナスも可)左に動きます。

偏差:偏差の大きさを設定します。初期設定は2.000ですので2σです。2σ以外を表示する場合は1.000(1σ)や3.000(3σ)としましょう。

適用価格:足のどの値段でボリンジャーバンドを計算するかを設定します。問題なければ初期設定の終値(close)で問題ないです。

スタイル:線の色・形状・太さを設定できます。

②レベル

色々いじったところ、全く同じ線を表示できる機能みたいです。レベルを上げると上に行き、下げると(マイナスも可)下に行きます。

③表示選択

表示するか否かを設定します。いじんなくてもいいところです。

※移動平均線はデフォルトで単純移動平均線しか使用できないみたいです。

※インジケーターの都合上プラマイ1本ずつしか表示されません。1σ2σ3σと表示したい場合は複数個ボリンジャーバンドのインジケーターを設置する必要があります。1個は1σ(1.000)もう1個は2σ(2.000)・・・など



カテゴリー:インジケータ(トレンド系)

タグ:, , , , , , , , , , , , ,

1件の返信

トラックバック

  1. XMのMT4・MT5に搭載されているインジケーター一覧を全て日本語に訳してみた【トレンド系】 | XM超入門

※コメントは受け付けていません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。