bollinger bands(ボリンジャーバンド)って何?MT4・MT5にあるインジケーターその意味と使い方をざっくり解説

xm_05.png

チャートをより分かりやすく把握・予想するためのインジケーター。

そのインジケーターを初心者の方でも分かりやすくざっくり解説していきます。

最初から難しいものを読んでもやる気が出ませんからね。

インジケーターはいくつもありますので自分のトレードに合う最良のインジケーターを見つけてください。

今回はテクニカル指標、トレンド系の「bollinger bands」。

日本語だとボリンジャーバンドとか言います。

XMに関するサイトですので、用語や画像などMT4・MT5のプラットフォームを利用しております。

Meta Traderの公式サイトでは英語で分かりづらい部分も日本語で表記しております。

また数値やデザインなどを修正したい方向けにMT4・MT5の設定変更方法も最後に記載しておりますので参考にしてみてください。

ボリンジャーバンドをざっくり解説

xm_05.png

画像でいうと中央の(単純)移動平均線SMAから上下に3本ずつの線が表示されているのがボリンジャーバンドになります。

画像では上下3本ずつ表示させていますが、一般的には上下2本ずつであったり、1本ずつであったりします。

見ると一番外のオレンジの線の中に大抵の足が含まれてます。

ざっくり説明するとボリンジャーバンドとは、移動平均(中央のオレンジ線)からプラスマイナス標準偏差の範囲内でだいたいの値が収束することを利用したテクニカル指標です。

だいたいってのがポイントなのですが、画像ではプラマイで3本ずつ計6本引いています。

これが標準偏差なるもので単位としてはσ(シグマ)を使います。

画像でいうと内側から緑が1σ、黄色が2σ、オレンジが3σになります(ちなみにMT5やMT4では少数第3位まで設定できます)。

重要なのはこのσの線の役割です。

  • 1σ内で収束する確率は約68%。
  • 2σ内で収束する確率は約95%。
  • 3σ内に至っては確率99.7%以上

という確率で上下の線で収まると考えられています。

3σに至っては300回中299回は線内に収まる計算です。

3σはあまり使われませんが、最も重要なのはで、この線は20回に1回は線を飛び抜ける計算になります。

この20回に1回をイレギュラーなケースと捉えるのか、それともそれが勢いのあるトレンドをみなすのか。

相場の流れを偏差からのズレで推測しようとしているのがボリンジャーバンドです。

移動平均だけでは教えてくれない、相場の転換期、流れもこのボリンジャーバンドは示してくれます。

今回は丁寧に3σも加えましたが、2σだけでも十分ボリンジャーバンドは機能します。

またボリンジャーバンドと似ているエンベロープと呼ばれる指標がありますが、決定的な違いは線の幅の収縮性にあります。

エンベロープは上下まったく同じ線を描きますが、ボリンジャーバンドは時には幅が広くなったり、狭くなったりします。

この幅は相場の勢いを示しており、幅が広い場面は相場が激しい盛り上がっているタイミング、逆に狭い場面は相場が落ち着いている、停滞したタイミングとみることが出来ます。

これら2点を利用してボリンジャーバンドでチャートを見ていきます。

チャートでのボリンジャーバンドの使い方(逆張り編)

xm_06.png

まずは標準偏差、つまり上下のσの中にチャートが収束することを利用したトレードを見ていきます。

①のあたりを見ますと線が2σのあたりをウロウロしています。

そこで2度、マイナスの2σを突き抜けた場面があります。

基本的な相場は2σの間に95パーセント滞在します。

それを突き抜けるということは売られ過ぎを意味します。

相場は基本的になんとか過ぎとなると正常な価格に戻ろうとする力が働きます(ご存知の通り必ずではないですけど)。

95パーセントの収束を誇る2σから外に出た=収束のため値は戻るのではないか?

この逆張りのシグナルとなりえるのが、ボリンジャーバンドの逆張りです。

チャートでのボリンジャーバンドの使い方(順張り編)

次はボリンジャーバンドの線の幅の収縮性を利用したトレードを見ていきます。

ここでまた①を見てみましょう。

今回はチャートの足ではなく、2σの間隔、つまり幅を見ます。

前の幅に比べてどんどん狭まってきていますよね。

停滞を意味するスクイーズと呼ばれるような区間です。

そのあと火柱があがり、上の2σを突き抜けました。

ボリンジャーバンドの逆張り理論で言えば、このあと収束することを念頭に売り注文を行う場面です。

しかし、ボリンジャーバンドの順張りではここは買いのシグナルとなります。

スクイーズよって停滞し2σの幅が狭まったこのタイミングで強い値動きがあった場合、このまま値がその方向にトレンドが継続し続ける傾向があります。

②のあたりがまさにそれです。

これがエクスパンションとも呼ばれる強いトレンドです。

この強いトレンドを察知するシグナルとなりえるのが、ボリンジャーバンドの順張り理論です。

ちなみに決済のタイミングですが、まず反転の兆しとしてさきほど突き抜けたものとは逆の2σの線がトレンドとは逆の方向に向かい始めます。

後にもう片方の2σの線が向かい始めたらいよいよトレンドは終わりに向かうことを意味します。

このようにボリンジャーバンドは線の幅ですとかチャートの突き抜け方によって真逆の発想も可能な面白い指標となっています。

しかし、画像でお話しした逆張りと順張りの距離感を見てください。

だいぶ近いところで起きています。

今回は画像での結果論で解説しているだけなので、実際にこう予想できるかはボリンジャーバンドだけでは難しいかと思います。

他の指標やインジケータを利用してより精度を上げることが大切かと思います。

サブウィンドウにボリンジャーバンドを表示させる方法

ボリンジャーバンドだけではありませんが、オシレーターなどのサブウィンドウに表示されるインジケーター(チャート下部に表示されたりするインジケーター)に移動平均線を加えることが可能です。

追加方法は、サブウィンドウにナビゲータ(MT4だとナビゲーター)からbollinger bandsを直接ドラッグアンドドロップします。

すると設定画面が表示されます。

サブウィンドウが表示されていない場合は、最下部の日時が表示されている線より下にインジケータをドロップさせましょう。

ここからはMT4とMT5で若干違いがあります。

①MT4の場合

[適用価格]を「First indicator’s data」または「Previous indicator’s data」に変更し[OK]をクリックします。

※「First indicator’s data」「Previous indicator’s data」については下部の「MT4・MT5設定方法」にて軽く触れています。

②MT5の場合
[OK]をクリック

これでサブウィンドウにボリンジャーバンドが表示されます。

MT5は適用価格に制限はありませんが、MT4には制限がありますので注意してください。

MT4での設定方法

1.パラメーター

①期間:期間を設定できます。MT4の初期値は20です。

②表示移動:値を増やすと右に、減らすと(-10など)左に動きます。

③偏差:σの値を設定できます。MT4の初期値は2(σ)です。

④適用価格:ボリンジャーバンドの線をどの値で計算するか設定できます。

  • Close →足の終値で計算します
  • Open →足の始値で計算します。
  • High →足の最高値で計算します。
  • Low →足の最安値で計算します。
  • Median Price (HL/2) →足の最安値と最高値を足して割った値(÷2)で計算します。(中間価格)
  • Typical Price (HLC/3) →足の最安値と最高値と終値を足して割った(÷3)で計算します。(典型的価格)
  • Weighted Close (HLCC/4) →足の最安値と最高値と、終値を2倍した値を足して割った値(÷4)で計算します。(加重平均価格)
  • First indicator’s data (始めのインディケータデータ)→最初に表示したインジケーターの値で計算します。
  • Previous indicator’s data (前のインディケータデータ)→最後に表示したインジケーターの値で計算します。

⑤スタイル:線の色・種類・太さを設定できます。

2.レベル表示

全く同じ線を複数表示させることが出来ます。

線ごとに線の色・種類・太さ・場所(レベルをプラスマイナス変更し上下に動きます)を設定し追加することが可能です。

3.表示選択

線の表示を設定します。

※MT4・MT5は同じインジケーターを複数表示させることも可能です。

MT5での設定方法

1.パラメータ

①期間:期間を設定できます。MT5の初期値は20です。

②シフト:値を増やすと右に、減らすと(-10など)左に動きます。

③偏差:σの値を設定できます。MT5の初期値は2(σ)です。

④適用価格:ボリンジャーバンドの線をどの値で計算するか設定できます。

  • Close →足の終値で計算します
  • Open →足の始値で計算します。
  • High →足の最高値で計算します。
  • Low →足の最安値で計算します。
  • Median Price (HL/2) →足の最安値と最高値を足して割った値(÷2)で計算します。(中間価格)
  • Typical Price (HLC/3) →足の最安値と最高値と終値を足して割った(÷3)で計算します。(典型的価格)
  • Weighted Close (HLCC/4) →足の最安値と最高値と、終値を2倍した値を足して割った値(÷4)で計算します。(加重平均価格)
  • 前のインディケータのデータ→最後に表示したインジケーターの値で計算します。
  • 始めのインディケータのデータ→最初に表示したインジケーターの値で計算します。

⑤スタイル:線の色・種類・太さを設定できます。

2.レベル

全く同じ線を複数表示させることが出来ます。

線ごとに線の色・種類・太さ・場所(レベルをプラスマイナス変更し上下に動きます)を設定し追加することが可能です。

3.表示選択

線の表示を設定します。

※MT4・MT5は同じインジケーターを複数表示させることも可能です。

※移動平均線はデフォルトで単純移動平均線しか使用できないみたいです。

※インジケーターの都合上プラマイ1本ずつしか表示されません。

 1σ、2σ、3σと表示したい場合は複数個ボリンジャーバンドのインジケーターを設置する必要があります。1個は1σ(1.000)もう1個は2σ(2.000)・・・など



カテゴリー:インジケータ(トレンド系)

タグ:, , , , , , , , , , , , ,

1件の返信

トラックバック

  1. XMのMT4・MT5に搭載されているインジケーター一覧を全て日本語に訳してみた【トレンド系】 | XM超入門

※コメントは受け付けていません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。