【XM Q&A集】MT4・MT5以外の取引プラットフォームを使用したい

ここではXMに関連した様々な疑問点に焦点を当て、Q&A方式で初心者目線で分かりやすく解説していきます。

XMの仕組みやMT4・MT5、スマホアプリに関するちょっとした「なぜ?」を、XM歴4年目の僕が気付いた範囲で記事にしていこうと思います。

分かりやすさを優先しておりますので、実際の仕様や解説を交えつつ、より詳細な内容については当サイトの関連記事のURLをリンクしていますので参考にしてみてください。

今回は「XMでMT4・MT5以外のプラットフォームは利用できるのか?」です。

XM超入門その他の記事はコチラ

XMでは指定されたプラットフォームしか使用できない

XMではデバイスに応じたプラットフォームが用意されています。

基本はmetatrader、通称MT4・MT5と呼ばれるプラットフォームになります。

それ以外のプラットフォームはXMのサービス提供外になるため利用ができません。

それでも基本的なデバイスでXMが利用できるような状態ですので、そこまで気にする必要もないかもしれません。

以下が実際に利用ができるMT4・MT5の詳細です。

デバイスごとに分けて記載しています。

PCで利用可能なプラットフォーム

  • MT4(Windows用)
  • MT4(MAC用)
  • MT5(Windows用)
  • MT5(MAC用)
  • MT4WebTrader
  • MT5WebTrader

スマートフォンで利用可能なプラットフォーム

  • XMスマートフォンアプリ(Android用)
  • XMスマートフォンアプリ(iPhone用)
  • MT4(Android用)
  • MT4(iPhone用)
  • MT5(Android用)
  • MT5(iPhone用)

タブレット端末で利用可能なプラットフォーム

  • MT4(Android用)
  • MT4(iPad用)
  • MT5(Android用)
  • MT5(iPad用)

スマホ版ではXM専用のスマホアプリが存在します。

画面や操作などはMT4・MT5とは異なりますが、IDなどはMT5のIDを利用しています。