【XM Q&A集】XMはどの国の金融ライセンスを取得しているのか?を分かりやすく解説

ここではXMに関連した様々な疑問点に焦点を当て、Q&A方式で初心者目線で分かりやすく解説していきます。

XMの仕組みやMT4・MT5、スマホアプリに関するちょっとした「なぜ?」を、XM歴4年目の僕が気付いた範囲で記事にしていこうと思います。

分かりやすさを優先しておりますので、実際の仕様や解説を交えつつ、より詳細な内容については当サイトの関連記事のURLをリンクしていますので参考にしてみてください。

今回は「XMはどのような金融ライセンスを取得しているのか?」です。

XM超入門その他の記事はコチラ

XMはセーシェルという国から金融ライセンスを交付されている

XM(XMTRADING)、つまり日本語対応を行っているTradexfin Limitedはセーシェル共和国(Republic of Seychelles)のFSA(金融サービス機構)から証券ディーラーのライセンス(番号SD010)を交付されています。

FSAとは金融庁を指します。

なのでセーシェルの金融庁から金融ライセンスを交付されているということになります。

これはTradexfin Limitedがセーシェルに本社がある為です。

セーシェルとはインド洋に浮かぶ複数の島からなる小さな国です。

なぜこのような国に会社があるかと言うと、国によってFXなど金融の法整備が異なり、FXの運用が行いやすい国に会社を設立した結果、セーシェルに会社を置くことになったのです。

利用者は特に在住国で法律に触れなければどこの国のFX会社を利用しても大丈夫・・・なはずです。

現に僕がXMをセーシェル諸島在住ではないのに利用できているのもそういうわけです。