XMの約定拒否無しの意味

S20170330205314_TP_V4.jpg

いざ取引を始めて「今が決済のタイミングだ!」と決済しても・・・・あれ?決済できない?なんで?それは約定拒否という決済したくてもさせてもらえない恐怖の言葉です。

その約定拒否を一切しないと公式サイトで断言しているのが海外FX会社XMなのです。

XMはなぜ約定拒否をしないのか。

約定拒否をされるとどうなるのか。

そんなお悩みにお答えしていきます。

 

約定拒否とは?

約定拒否とは。

約定とは「売買が成立すること」。

つまり約定拒否とは、売買が成立することを拒否することを意味します。

自分たちトレーダーはオーダーを出すので拒否などしていません。

FX会社側で拒否をするのです。

  • トレーダーの立場からしたら、利益を確保しようと決済を行おうとしたのに、約定拒否をされ自分のタイミングではないところで決済を行われ、不利益が発生してしまう。
  • FX会社からしたら、スキャルピングトレードなどで高確率で利益が出てしまうトレードに対して約定拒否をすることで決済のタイミングをずらし、利益を得ようとする。

あくまで一例ですが、約定拒否をされていいことなどほとんどありません。

それでも約定拒否をされるFX会社を選びますか?続けますか?という話です。

海外FX会社XMは約定拒否はありません。

公式サイトに

XMTradingは、リクオートなし、約定拒否なしの厳格な方針を先駆けて採用することによって、公平且つ信頼できる取引経験を提供致しています。

XM公式サイトより

リクオートは会社の都合で決済の値を調整されてしまうようなものです。

約定拒否にしてもリクオートにしてもそんなことが起きるようなFX会社は避けるべきです。

それがないのがXM。

当たり前のようなことが当たり前に約束されていることの安心感は大事ですよね。



カテゴリー:【初心者向け】XMとは?, XM取引関連

タグ:, , , , , , , , , , ,

※コメントは受け付けていません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。