XMTradingのレバレッジ888倍はFXでどれほどの意味があるのか?

 

XMTradingの特徴である、レバレッジ最大888倍。

普段低レバレッジでトレードしている、初めてFXに触れるって方には888倍と言われても、桁が違いすぎて意味が分からないかもしれません。

取引にどれほど影響があるのか、リスクはどのくらい変わるものなのか。

今回はこのレバレッジ888倍の「888」という数字に焦点を当てて解説していきます。

なおレバレッジという単語について詳細を確認されたい場合はコチラに詳しく書いたので参考にしてみてください。

XMTradingのレバレッジ888倍で必要なお金を計算してみた(最低限必要な証拠金など)

XMTrading超入門その他の記事はコチラ

XMTradingのレバレッジは軍資金を888倍として投資ができる

ざっくり言うとレバレッジとは「倍率」です。

レバレッジ10倍だと、1万円が10万円になる計算です。

単純に1万円分の通貨しか売買できないところを10倍の10万円分で取引ができるということです。

つまりレバレッジ888倍とは、1万の投資金で888万の取引が可能になることを意味します。

※細かいことを言えば有効証拠金が多少ないと取引できないとかスプレッドとかありますが、今回は割愛しています。

現実で1万が手元にあって、888万になるとはなかなか現実味がなく想像しづらいかもしれません。

888倍にも資産を増やしてどうなるのか。

例えばの話です。

「現在の為替は1ドル110円1銭から2銭の間・・・」のようなセリフをニュースで見たことがあると思います。

FX、いわゆる為替は1日に1円も動く日は多くなく、基本的には数十銭程度の値動きをします。

日本の円だと、物体として存在するのは1円からになるので、日々1円以下の値動きをしていることになります。

仮に1ドル110円で買って1日で1円増えて111円で売ったとしても、1円の儲けにしかなりません。

ある程度まとまった日数でポジションを持ち、利益を得たとしても数円程度の利益です。

1ドルではなく、まとまった利益となる1万ドル分、10万ドル分など日本円で数百万、数千万の金額を取引して初めてまとまった利益となるのです。

数円の利益も、10万ドル分取引すれば数十万となります。

大量の資金を用意し大量の金で売買することで1ドル1円の利益が1万ドル買うことで1万円の利益に膨らむのです。

これがFXです。

しかし一般人が数百万、数千万をFXに投資できるかと言えば、なかなかそうはいきません。

レバレッジとは多額の投資金を用意しなくても、取引を可能とするためのものです。

上記でも触れたとおり、1万あれば888倍は888万、10万あれば一億に届く金額を運用できます。

となると得られる利益も888倍となります。

低資産でも高額の取引、高利益を得ることができる

例えば、日本に拠点を置くFX会社では、FXの最大レバレッジは25倍となっています。

これは日本の法律によって定められており、どのFX会社も25倍以上のレバレッジを設定することはできません。

※XMTradingは日本に本社はありません。

888倍は25倍の約35倍です。

つまり、XMTradingで1万の軍資金で済むところ、日本のFX会社では35万必要になることになります。

ここまでいろいろ解説してきましたが、XMTradingでレバレッジ倍率888倍で取引すると圧倒的に投資金を少なくすることができるのです。

当然、投資リスクも888倍になる

最後にとても重要なことをお話しします。

投資金を少なくすることができることは上でお話しした通りですが、取引によって損失を被ってしまったリスクは888倍で取引していた金額に対して発生します。

つまり、レバレッジ888倍を掛けて1億分の金額を取引していた場合、1億分の取引で被った損失分はそのまま自分が支払うことになります。

分かりやすく例を書いていきます。

①レバレッジ1倍(ノーレバレッジ)の場合

投資金888万円分(888万円 × 1 = 888万円)の取引で100万の損失

⇒888万円 – 100万円 = 残金788万円

②レバレッジ888倍の場合

投資金888万円分(1万円 × 888 = 888万円)の取引で100万の損失

⇒1万円 – 100万円 = -99万円

正確に言えば、XMTradingでは強制ロスカットがあるので、残高がマイナスになることはあまりありません。

しかし、もともと投資金がしっかりしている①には遥かに劣る②の投資金では888万円分の値動きは激しすぎるのです。

例が極端過ぎましたが、実際に価格が変動している際も投資金額には見合わない値動きをします。

レバレッジ888倍で有効証拠金にある程度余裕がないと、損失が増えた際にあっという間に強制ロスカット、最悪の場合残高がマイナスになってしまうこともあり得ます。

低投資で高額な利益を得る可能性もありますが、高額な損失を被る可能性も同時に孕んでいるのです。

【補足】

残高がマイナスになることは急激な価格変動などが発生しない限り、そうそう起きるものではありませんが稀にあります。

またXMTradingでは残高がマイナスになったとしてもマイナス残高リセット(ゼロカット制度)があり、マイナス残高を0にしてくれるため追証はありません。

しかし元金を失う非常に高いリスクは常にありますので、リスク管理はしっかり行いましょう。

XMTradingマイナス残高リセット(ゼロカット制度)の真実、負け続けた僕の経験談

まとめ

レバレッジ888倍とはまさにハイリスクハイリターンです。

日本の25倍がローリスクではないということではなく、FX取引を行う以上は必ずリスクは伴います。

日本のレバレッジより20倍以上ハイリスクハイリターンということです。

どちらにしても、投資元金を失うリスクがあるということを肝に銘じておきましょう。

XMTradingではマイナス残高リセットがあり追証は発生しませんが、それでも残高に入っていた金額がなくなる可能性は十分にあります。

XMTradingの888倍か、25倍か、ノーレバレッジか。

トレーダーによって取引方針、リスク管理は様々かと思いますが、情報を把握し自分の財布の中も見ながら自分にあったレバレッジ、レバレッジを取り扱う会社を選びましょう。

XMTradingを利用してもマイナス残高リセットがあるので追証はありませんが、元金を失う非常に大きなリスクは常にあります。

XMTradingでレバレッジ888倍で取引ができるからと言って、必ず888倍に設定する理由はないのです。

メリットとデメリットは存在します。

XMTradingはレバレッジ最大888倍ですが、レバレッジの倍率変更(1倍のノーレバレッジから)は口座開設後でも可能です。

詳しくはコチラの記事に書いていますので、参考にしてみてください。

XMTradingで口座開設後にレバレッジを変更したい、その方法は?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください