MT4やMT5って何?をXMの視点からざっくり解説します。

海外FXを行う上で必須ともいえる取引プラットフォームのMT4・MT5。

知らずに使っていると海外FX会社が独自に作ったアプリなんだぁって思いますけど、実際は海外のFX会社がこぞって使っているカスタム可能な取引プラットフォームなのです。

今回はMT4・MT5と呼ばれる正式名称「meta trader」についてざっくり解説していきます。

 

 

XMからダウンロードするとアイコンも「XM」になっており、特に気にしてないかと思いますが、実はMT4・MT5、正式名称meta traderは、

MetaTrader(MT)は、外国為替証拠金取引投資家が利用する電子取引プラットフォームである。MetaQuotes Softwareによって開発され2005年にリリースされた。ソフトウェアは、クライアントにソフトウェアを提供する外国為替業者によりライセンスされており、クライアントとサーバーの両コンポーネントで構成されている。 サーバコンポーネントは業者が担当し、クライアントソフトウェアでは顧客が価格とチャートを表示し注文やアカウント管理を行う。

ウィキペディアより

てな感じです。

要はmetatraderを使って様々な海外FX会社がプラットフォームとして活用しているものになります。

PCからはわかりづらいですが、スマホ・タブレットからアプリとしてMT4・MT5をダウンロードすると口座登録の際に他の会社も表示されたりするのでこの仕組みの一端を見ることが出来ます。

ちなみに日本でもMT5はほとんどないですがMT4は一部のFX会社で利用されています。

metatrader以外にもFX会社が独自に作ったアプリケーションなどがあり、日本の大手だと自作のアプリケーションを作ってる会社が多いようです。

metatraderはベースがあり、そこからユーザー独自のシステムを構築することが出来る・・・らしいです。ただ僕のような初心者にはプログラムなんてわかりもしないので提供されたプラットフォームを使うだけで精一杯ですけどね。

なのでXMでダウンロードしたmetatraderはXM仕様だと思ってください。

たまにMT4・MT5に備わっているボタンや機能があるのに使用できないのはXMでは使用出来ない為です。

他社でダウンロードしたMT4やMT5はもしかしたらちょっと仕様が違うかもしれません。

MT4とMT5の違いについてはコチラに書いたのでどっちを使おうか悩んでる方がいたら参考にしてみてください。ちなみに圧倒的にMT4が支持されています。

「MT4とMT5の違いって何?」XMプラットフォーム豆知識

これを知ったからどうこうなるわけでもないのですが、まぁ雑学ってことで。



カテゴリー:【初心者向け】XMとは?, MT4・MT5関連

タグ:, , , , , , , ,

1件の返信

トラックバック

  1. 学生でも出来る海外FXのXM そのワケを解説 | XM超入門
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。