XMでの言語表示変更方法

XMは海外のSX会社です。

故に様々な言語、国に対応しています。

登録時に言語を誤ってしまった、なんて時は言語を変更することが可能です。その方法を解説します。

まずはXMHPより会員ページにログインします。

会員ページの画面右側に「希望言語を変更する」という項目がありますのでクリックします。

言語を誤ってしまった場合はこの項目を見つけることが難しいかもしれません。

その際、一番簡単なことは翻訳操作を行うことです。

Googlechromeをブラウザとして利用している方は翻訳したいページで右クリックをすると「(使用している言語)に翻訳」という項目があるのでそこを押せば直訳ではありますがページ全体が自動翻訳されます。

chromeを利用していない場合は、会員ページ上右上に国旗のようなマークがあるかと思います。

こちらをクリックすると9か国の言語から変更することが出来ます。

国旗で表示されているので視覚的にも分かりやすいかと思います。

ちなみに「希望言語を変更する」ページにて変更できる言語も9か国語で、

  1. 英語
  2. マレー語
  3. ロシア語
  4. 韓国語
  5. ベトナム語
  6. タイ語
  7. ペルシア語
  8. ベンガル語
  9. 日本語

の中から言語を選択できます。

大事なことは「希望言語を変更する」ページは変更することで連絡などで使用されるメールの言語が変更されるということです。

会員ページ全体の言語を変更したい場合は先ほど説明をした画面右上の国旗のボタンから変更することになるので注意してください。



カテゴリー:XMサイト仕様関連

タグ:, , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。