MT5にあるテクニカル指標「triple exponential average(3重指数移動平均)」って何?その意味と使い方をざっくり説明

チャートをより分かりやすく予想しやすくするためのインジケーター。

そのインジケーターを種類別に初心者の方にでも分かりやすくざっくり説明していきます。

XMに関するサイトですので、XMのMT5を使用します。MT4にも同様のモノがある場合もあります。

今回はテクニカル指標、オシレーター系の「triple exponential average」。

日本語だと3重指数移動平均とかTRIXとか言います。

最後にMT4・MT5の設定方法の記載もあるので参考にしてみてください。

解説

上の画像で言うと下の赤い線が3重指数移動平均(以下TRIX)です。

MT5にはまったく同じ日本語訳のインジケーターがトレンド系に存在します。

それが画面上の黄緑の線、triple exponential moving average(3重指数移動平均、TEMA)です。

英語だとトレンド系のインジケーターにはmovingの記載がありますが、オシレーター系のインジケーターにはmovingの記載はありません。

つまり2つは似て非なるものです。

画像を見ても形状は似ていても細部は異なることが分かります。

当然TRIXとTEMAは計算式も異なります。

 

TRIXは正と負があり、0が画像で言う横に伸びている白い点線です。

上が正で下が負になり、TRIXがこの0の線を交差したタイミングがシグナルになります。

上から下に0を突き抜けた場合は売りのシグナル、下から上へと0を突き抜けた場合は買いのシグナルとなります。

TRIXは3回も平滑化しているのでノイズや騙しが少ないことが特徴的です。

MT5設定方法

①パラメータ

期間:%Rの期間を設定します。一般的には14日間です。

適用価格:足のどの値段でインジケーター内の計算をするかを設定します。なにもなければ初期設定の終値(close)で問題ないです。

Close →足の終値で計算します

Open →足の始値で計算します。

High →足の最高値で計算します。

Low →足の最安値で計算します。

Median Price (HL/2) →足の最安値と最高値を足して割った(÷2)値で計算します。(中間価格)

Typical Price (HLC/3) →足の最安値と最高値と終値を足して割った(÷3)値で計算します。(典型的価格)

Weighted Close (HLCC/4) →足の最安値と最高値と、終値を2倍した値を足して割った(÷4)値で計算します。(加重平均価格)

スタイル:TRIXの線の色、太さ、種類を設定できます。

②レベル

指標の線の値を設定できます。TRIXの初期設定にはないので目印となる線が欲しいときはこれを使います。

③スケール

スケールの継承:1コ前の指標のスケールを引き継ぎます。つまり前回見やすく設定したインジケータのスケール情報を利用できるってシロモノです。

ラインによるスケール:可変だったスケールを値を指定して固定できます。チェックを入れると右側に三角形が表示されてそこでスケールをいじれます。設定画面でいじる場合は下記の通り。・・・ぶっちゃけ手動で動かしたほうが簡単です。

・スケールパーセント→1~99%まで変更可能。

・スケール値→マイナスにも設定可能。

最小値の固定:下限の値を変更・固定できます。

最大値の固定:上限の値を変更・固定できます。

④表示選択

時間足によって表示するか否かを設定します。いじんなくてもいいところです。



カテゴリー:インジケータ(オシレーター系)

タグ:, , , , , , , , , , , ,

※コメントは受け付けていません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。