MT5・MT4にあるテクニカル指標「parabolic SAR(パラボリックSAR )」って何?その意味と使い方をざっくり説明

チャートをより分かりやすく予想しやすくするためのインジケーター。

そのインジケーターを種類別に初心者の方にでも分かりやすくざっくり説明していきます。

インジケーターはいくつもあります。自分のニーズに合う最良のインジケーターを見つけてください。

XMに関するサイトですので、XMのMT5を使用します。MT4にも同様のモノがある場合もあります。

今回はテクニカル指標、トレンド系の「parabolic SAR」。

日本語だとパラボリックとか言います。

 

解説

xm_41.png

画像だと緑の点がパラボリックになります。

パラボリックをざっくり言えば、売買のタイミングを示してくれるシグナルのような指標です。

見方はカンタン。

点とチャートの足が触れたとき、又は放射線と値が触れた時に売買のシグナルとなります。

点が上にある時に点が下に向かって基本的に陽線と触れた時に買いのシグナルとなります。

点が下にある時に点が上に向かって基本的に陰線と触れた時に売りのシグナルとなります。

逆を言えばその触れた時が決済のタイミングであるともいえます。

ちなみにこの点がSAR(stop and reverse)と呼ばれるもので、線で表示するプラットフォームもあるようです。

どんな計算をしているかと言うと。

ざっくり言うと足の最安(高)値から前回のSARを引いた数に加速係数なるものを掛けて前回のSARを足したものです。

・・・なんじゃそりゃ

使い方が分かれば大丈夫ですw

ただ、このパラボリックは注意点があります。

パラボリックはトレンドがあるときに効果を発するので停滞した相場、レンジ相場では効果を発揮しません。

xm_42.png

画僧のようにちょっとした陽陰線で点が触れてしまい、大して相場が動いていないにも関わらず、トレンドがあるかのようにシグナルを出してしまいます。

xm_43.png

この画像はレンジ相場のときです。

パラボリックのシグナルを信用すると下げのトレンドが強そうですが、実際は行ったり来たりの停滞相場です。

こういう時にパラボリックを活用しても大した効果は得られないかもしれません。

・・・

ちなみにこれを作ったのはワイルダーって人です。

ワイルダー?そう、平均方向性指数(ADX)を作った人と同じ人です。ADXも活用するとよりトレンドが見えやすくなります。

xm_44.png

これによってトレンドの勢いや、複数のシグナルからチャートの転換期を観察することが出来ます。

平均方向性指数については以下の記事に書いているので参考にしてみてください。

MT4・MT5にあるテクニカル指標「average directional movement index(平均方向性指数)」って何?その意味と使い方をざっくり説明

MT5にあるテクニカル指標「average directional movement index wilder(ワイルダーの平均方向性指数)」って何?その意味と使い方をざっくり説明

MT4・MT5での設定

名称が若干違いますがMT4・MT5で設定できる内容に差はないです。

加速係数の範囲を設定できるようですが、0.02≦加速係数≦0.2の範囲が定番なのでいじる必要は無いかと思います。ちなみに値を変えると点の位置が変わりますよ。

①パラメータ

ステップ:おそらく加速係数の下限を設定できます。いじんなくて大丈夫です。

最大(MT4だと上限):おそらく加速係数の上限を設定できます。いじんなくて大丈夫です。

スタイル(MT4だと色):パラボリックSARの線の色・形状・太さを設定できます。

②表示選択

表示するか否かを設定します。いじんなくてもいいところです。

 



カテゴリー:インジケータ(トレンド系)

2件の返信

トラックバック

  1. XMのMT4・MT5に搭載されているインジケーター一覧を全て日本語に訳してみた【トレンド系】 | XM超入門
  2. XM超入門へようこそ | XM超入門

※コメントは受け付けていません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。