XMのスタンダード口座でレバレッジ毎にどの程度必要証拠金が必要なのか計算してみた

XMで取引する上で最もスタンダードな口座、スタンダード口座。

実際に1ロットでいくら必要なの?0.1ロットだとどのくらい?

ここを読めばスタンダード口座でトレードを行う際に証拠金がいくら必要なのかがおおまかに分かるはずです。

スタンダード口座での最大レバレッジ500倍では1ロットどの程度証拠金が必要なのか、最小ロット数ではどうなのかを検証していきます。

XMについて詳しく知りたい方はコチラの記事にすべてまとめてあるのでを参考にしてみてください。

XMとは?利用者の僕が知り得る全てを書いた、XM解説虎の巻【画像付き】

レバレッジの計算方法(初心者向け)はこちらを参照してください。

XMでレバレッジ888倍にしたときの必要証拠金をいろんなロット数でざっくり計算してみた

マイクロ口座、Zero口座については以下を参考にしてみてください。

XMのマイクロ口座でレバレッジ毎にどの程度必要証拠金が必要なのか計算してみた

XMのZero口座でレバレッジ500倍にしたときの必要証拠金をいろんなロット数でざっくり計算してみた

※この記事では計算上1ドル110円を基本に話を進めていきます。

スタンダード口座でレバレッジ888倍の必要証拠金

まずレバレッジですが、スタンダード口座は最大888倍となります。

888倍だとどの程度の証拠金で取引が可能なのか実際に計算してみました。

スタンダード口座の基本通貨は1ロット10万通貨になります。

110円(1ドル辺りの日本円金額) × 10万(基本通貨1ロット分) ÷ 888(レバレッジ) = 約12387円

この計算の意味は、まず1ドル辺りの日本円を基本通貨1ロット分に相当する10万ドル分をかけます。

その後、レバレッジを使用しているので888分の1の金額だけ用意することになるので500で割ります。

そうすると1ドル110円で1ロット取引しようとするといくら必要証拠金が必要になるか分かります。

888で割っているので端数が出てしまいます。

当然通貨の価格によって金額は増えたり減ったりしますのであくまでこのくらいの金額ということになります。

レバレッジ別の必要証拠金

ここからはレバレッジ別にどの程度金額が必要かを見ていきます。

スタンダード口座はレバレッジ最大888倍ですが、それ以下のレバレッジに設定することももちろん可能です。

ここではXMのスタンダード口座で設定可能なレバレッジすべての1ロット分の必要証拠金を書いていきます。

888倍 → 約12,387円

500倍 → 22,000円

400倍 → 27,500円

300倍 → 36,666円

200倍 → 55,000円

100倍 → 110,000円

66倍 → 166,666円

50倍 → 220,000円

25倍 → 440,000円

20倍 → 550,000円

15倍 → 733,333円

10倍 → 1,100,000円

5倍 → 2,200,000円

3倍 → 3,666,666円

2倍 → 5,500,000円

1倍 → 11,000,000円

こんな感じです。

レバレッジを最大500倍にすれば1万少し程度、使わないと1000万円以上必要になります。

ロット数毎の必要証拠金

次にロット数で用意する必要証拠金はどの程度変わるのかを見ていきます。

スタンダード口座であれば、取引出来るサイズは最小0.01ロットから最大50ロットまでになります(1回の取引・チケットに対して)。

今回はスタンダード口座の最大レバレッジ888倍と、レバレッジ適用無しの場合、そして日本国の個人投資家の最大レバレッジ25倍、Zero口座の最大レバレッジ500倍を計算してみました。

 

500倍 1倍 25倍 888倍
0.01 220 110,000 4,400 123
0.1 2,200 1,100,000 44,000 1,238
1.0 22,000 11,000,000 440,000 12387
3 66,000 33,000,000 1,320,000 37,162
5 110,000 55,000,000 2,200,000 61,936
10 220,000 110,000,000 4,400,000 123,873
50 1,100,000 550,000,000 22,000,000 619,369

1銭動くといくら動くの?

XMでは0.1銭(pips)単位での価格変動を追うことが出来ます。

ちなみにこの変動にレバレッジは関係ありません。

取引している総量に対して金額が変動するためです。

ちなみに1ロット取引していて、1銭価格変動があった場合は1000円の損得が発生します。

計算式で言うと(価格が上昇した場合)

110.000 × 100000ドル =11000000円(1100万円)

110.010 × 100000ドル =11001000円(1100万円と1000円)

こんな感じです。

なので最小0.1銭動いた場合は100円の損得になります。

最小0.01ロットだと0.1銭の変動で1円の損得。

最大50ロットで取引すると0.1銭の変動で5000円の損得。

50ロットは凄いですね、ちょっと動くだけでアルバイト1日分の給料が貰えたり消し飛んだりします。

マイクロ口座・Zero口座と比べてどうか

スタンダード口座はその名の通りXMではスタンダードなタイプの口座になります。

このスタンダード口座を基準に基本通貨を小さくしたものがマイクロ口座、スプレッドを狭くしレバレッジが最大500倍となっているZero口座と分類されます。

小額トレードには若干向いていないですが、上記数値をもとに自分にあった口座を選んでみてください。

マイクロ口座、Zero口座については以下を参考にしてみてください。

XMのマイクロ口座でレバレッジ毎にどの程度必要証拠金が必要なのか計算してみた

XMのZero口座でレバレッジ500倍にしたときの必要証拠金をいろんなロット数でざっくり計算してみた

最後に0.1銭では1ロット取引で100円動きますが、値動きやポジションの保持期間によっては、1円以上動く時があります。1ロットで1円動くと100銭動くことになり、10万の損得が発生します。負ければ10万以上損失、または強制ロスカットされる危険もあるのです。XMではマイナス残高リセット(ゼロカット制度)があり入金した金額以上の負けはないですが、入金分のお金を損失をする重大なリスクの可能性は十分にありますので、ご自身の身の丈にあった取引を行いましょう。


XM超入門の厳選記事はコチラ

XMとは?利用者の僕が知り得る全てを書いた、XM解説虎の巻【画像付き】

XMでデモ口座開設。手順や注意点を画像付きで解説

口座開設から口座有効化まで画像付きで詳細を徹底解説!XMのリアル口座開設方法

XMのスタンダード口座のメリットとデメリットの特徴をざっくり解説

XMの口座ざっくり解説「マイクロ口座」

XMのゼロ口座(Zero口座)のメリットとデメリットの特徴をざっくり解説

[スマホでXM]取引方法から機能までMT4・MT5のスマホ版使い方ざっくり取扱説明書

【スマホでXM】スマホでの口座開設方法を細かく解説

XMマイナス残高リセット(ゼロカット制度)の真実、負け続けた僕の経験談

XMのマイ・ロイヤルティ・ステータスを最速でEliteに上げる方法

海外のFX会社XMと日本のFX会社の違いざっくり比較表

XMの入金ボーナスは総額いくら貰えるのか計算してみた



カテゴリー:【初心者向け】XMとは?, スタンダード口座関連, レバレッジ関連, XM取引関連

タグ:, , , , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。