MT5・MT4にあるテクニカル指標「relative vigor index(相対活力指数(相対的活力指数) )」って何?その意味と使い方をざっくり説明

チャートをより分かりやすく予想しやすくするためのインジケーター。

そのインジケーターを種類別に初心者の方にでも分かりやすくざっくり説明していきます。

詳しく知りたい方はMT4・MT5の本家metatrader公式サイトをご覧ください。

metatrader5公式サイトはこちら

インジケーターはいくつもあります。自分のニーズに合う最良のインジケーターを見つけてください。

XMに関するサイトですので、XMのMT5を使用します。MT4にも同様のモノがある場合もあります。

今回はテクニカル指標、オシレーター系の「relative vigor index」。

日本語だと相対活力指数とか相対的活力指数とかRVIとか言います。

解説

RVIはざっくり言えばざっくりとしたRSI(相対力指数)のようなものです。

計算方法はまるで異なるのですが、まぁオシレーター系は大体似たような見方が多いですからね。

RSIと異なる点は売られ過ぎ買われ過ぎを図る基準となる線が無く、0という中心に1本の線が引かれているのみということです。

これは0を基準に上は買い傾向、下は売り傾向と単純な見方になるのですが、画像の通り0から先は意外と奥行きがあり、どこで転換するかは判断が出来ません。

転換期をどこで把握するか、そのために線が2本用意されています。

赤い線が4加重移動平均線いわゆるシグナルライン、緑の線がRVIの本線です。

4加重移動平均線の説明は省きますが、要はこの基準となるライン上をRVIがどのように遷移するかで売買のシグナルとなり得ます。

シグナルラインよりRVIが下に向かった際(ちょうど下に突き抜けた際)は売りのシグナル。

シグナルラインよりRVIが上に向かった際(ちょうど上に突き抜けた際)は買いのシグナル。

のような形で転換期をある程度見ることが出来ます。

またRVIにもダイバージェンスの兆候が見える場合もありその際は上記の内容プラス強いシグナルになり得るので見逃さないようにしましょう。

MT4設定方法

①パラメーター

期間:RVIの計算に用いられる期間を設定します。初期設定はMT4・MT5ともに10日です。

RVIスタイル:チャート上に描写されるRVIの線の色、太さ、種類を設定できます。

シグナルラインスタイル:チャート上に描写されるシグナルラインの線の色、太さ、種類を設定できます。

下限設定:下限の値を変更・固定できます。

上限設定:上限の値を変更・固定できます。

②レベル表示

指標の線の値を変更できます。

また追加削除も可能なので、RSIの30・70以外に線を増やしたい場合はこちらを使用します。

③表示選択

時間足によって表示するか否かを設定します。いじんなくてもいいところです。

MT5設定方法

①パラメータ

期間:RVIの計算に用いられる期間を設定します。初期設定はMT4・MT5ともに10日です。

RVI:チャート上に描写されるRVIの線の色、太さ、種類を設定できます。

シグナル:チャート上に描写されるシグナルラインの線の色、太さ、種類を設定できます。

②レベル

指標の線の値を変更できます。

また追加削除も可能なので、RSIの30・70以外に線を増やしたい場合はこちらを使用します。

③スケール

スケールの継承:1コ前の指標のスケールを引き継ぎます。つまり前回見やすく設定したインジケータのスケール情報を利用できるってシロモノです。

ラインによるスケール:可変だったスケールを値を指定して固定できます。チェックを入れると右側に三角形が表示されてそこでスケールをいじれます。設定画面でいじる場合は下記の通り。・・・ぶっちゃけ手動で動かしたほうが簡単です。

・スケールパーセント→1~99%まで変更可能。

・スケール値→マイナスにも設定可能。

最小値の固定:下限の値を変更・固定できます。

最大値の固定:上限の値を変更・固定できます。

④表示選択

時間足によって表示するか否かを設定します。いじんなくてもいいところです。



カテゴリー:インジケータ(オシレーター系)

タグ:, , , , , , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。