XMの手数料無料の真相を解説。入金・出金はお金がかかるのか?

XMのHPには手数料手数料と掲載されていますが、

これは本当ですが条件があります。

全てが手数料無料と勘違いすると大やけどしてしまう可能性もあるのでここでは手数料無料の意味と例外の場合はどの場合か?解説していきます。

まず最初にここで言うところの手数料無料の意味ですが、入金・出金のことを意味しています

取引手数料とはまた違う意味なので注意してください。

取引手数料についての記事はコチラ

XMを利用する上で知っておくべき取引手数料。有料と無料があります。

入金・出金の際に手数料無料とXMのHPには書いてありますが、実際には条件があります。

条件は一つ。

200米ドル未満の金額でを電信送金を利用して行う場合

これが手数料無料から除外される入金・出金内容です。

電信送金とは自分の銀行口座から(へ)入出金することです。

200米ドル以上の入金・出金はXMの銀行側にて発生する手数料はXMが負担してくれます。

ただし、自分の銀行に対しての手数料は負担となるので注意してください。

自分の銀行に対しての負担とは言いましたが、銀行によりますがそんなふざけた金額を取られるわけではないです。

ただ海外からの入出金なので日本円だと1000円から3000円程度はかかるでしょう。

手数料が安い銀行を利用するのも節約の一つです。

ちなみに電信送金以外のクレジットカード・電子マネーなどの入金・出金はいくらでも手数料無料です。

当然口座の条件にある最低入金額は満たす必要はありますが(スタンダード口座とマイクロ口座は5米ドル~、Zero口座は100米ドル~)。

ただ出金となると電信送金を利用する場合も多いかと思いますので、手数料をなるべく軽減したい方はこのような条件があるので把握しておきましょう。



カテゴリー:【初心者向け】XMとは?, XM取引関連

タグ:, , , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。