なぜ日本にはマイナス残高リセット(ゼロカット制度)がないのか

 

海外のFX会社にはよくある「マイナス残高リセット(ゼロカット制度)」。

マイナス残高リセット(ゼロカット制度)がなぜ日本にはないのか、簡単にわかりやすく説明します。

結論から言うと、日本と他の国でマイナス残高リセットが出来るか出来ないかが法律で決まってます。

日本ではマイナス残高リセットが出来ない法整備になっているのです。

当然日本以外の国でもマイナス残高リセットが出来ない国もあります。

ここからは僕なりに分かりやすくざっくり解説していきます。

マイナス残高リセット(ゼロカット制度)ってなに?

ざっくり言えば、残高がマイナスの時にゼロ円に戻してくれるトレーダーにとっては徳政令みたいなものです。

仮に取引で負けてしまい、負債を抱えてしまったとしましょう。

本来ならば、FX会社によって条件は異なりますが、マイナスになる前かマイナスになった後に、強制ロスカットが発生します。これは逆指値注文を行っていようがいまいが発生するものです。理由はFX会社やトレーダーの損失を抑える理由があります(後述)。

しかし、リーマンショックやスイスフランショックのように大多数のトレーダーが決済に動いたとき、FX会社のシステムがパンクしてしまう事態があります。または瞬時の変動でロスカットが間に合わなかった場合にそのときは窓が開くと言って本来なら足またぎの一瞬か、週末から週の始まりでしか起きない現象がおきます。

または一瞬でチャートが暴騰落し、ロスカットしていてもFX会社の処理が間に合わないなんてパターンも十分あります。

強制ロスカットも同様で、システムが間に合わず大きなマイナスの状態で決済される場合もあります。

マイナス分は当然借金という扱いで追証(追加の証拠金)が発生します。

この追証このを払わなくてよいのがXMでも用意されているマイナス残高リセットです。

日本にマイナス残高リセット(ゼロカット制度)が無い理由

日本国内のFX会社ではマイナス残高リセットは採用されません。

これは法律の問題で、損失の補填を行ってはいけない法律があるからです。

マイナス残高リセットとはトレーダーの負債を会社が負担する意味し、日本では法に触れてしまうため、日本のFX会社はゼロカット制度を行いたくても出来ないのです。

なので日本のFX会社をいろいろ探してもゼロカット制度がないのです。

日本ではトレーダーの責任としてちゃんと回収されることを是としています。

他の国の一部ではゼロカット制度を利用することで当然マイナスは会社負担になり、損になります。

それより、他の国の一部のFX会社はゼロカット制度という特徴を利用して多くのトレーダーに取引してもらい、多くのスプレッドを貰って利益を得ようというスタイルなのです。

どちらの会社の経営方針も間違ってはいませんし、会社が背負っているリスクは同等だと思います。

ただ、トレーダー個人としてはゼロカット制度が魅力的なのは当然だと思います。

しかし、スプレッドの広さなどメリット以外の部分にも目を向けたうえでその会社でトレードを行うことが最良だと思います。



カテゴリー:【初心者向け】XMとは?, ボーナス関連, マイナス残高リセット(ゼロカット)関連, XMP関連, XM取引関連

タグ:, , , , , , , ,

2件の返信

トラックバック

  1. XMゼロカット制度の真実、負け続けた僕の経験談 | XM超入門
  2. XMマイナス残高リセット(ゼロカット制度)の真実、負け続けた僕の経験談 – XM超入門
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。